ボバース講習会

Pocket


昨日.今日とボバースの研修会に参加してきた.
ボバースの概念は1940年以降ボバース夫妻(奥さんが理学療法士,旦那さんが医師)によって発展した.その概念は夫妻の死後も受け継がれ,リハビリテーション分野に広く普及している.(写真はボバース夫妻)

僕なりに,講習会やインストラクターについて少々まとめてみたので参考にどぞ.
(尚,間違い/勘違いも有るかもしれないので,各々確認もしてみてください.また,間違いを見つけられた場合は教えていただければ訂正いたします)

ボバースの研修会は様々なものがある.ナースや医師のためのコースもあるが,以下はPT/OT/STのコースを紹介する.
・インフォメーションコース(1~2日)
・ヒューマンムーブメントコース(2~3日)
・基礎講習会(ベーシックコース)(2週+1週)
・上級講習会(アドバンスコース)(1週間)
その他,理学療法士協会主催の現職者講習会(2~3日)でボバース概念を取り扱うものがあったり,各病院での院内研修会や,各研究会・勉強会主催の講習会もある.
正規講習会というのは,基礎講習会や上級者講習会のことをさして(多分・・・),基礎講習会を終了した者は国際的にボバースセラピストとして認定される.コース終了時にいただく受講修了証は国際的に意味を持ったものとなる.

インストラクター・・・
・シニアインストラクター(基礎講習会,上級者講習会を開催.また,他のインストラクターを推薦)
・アドバンスドコースインストラクター(基礎講習会,上級者講習会を開催)
・ベーシックコースインストラクター(基礎講習会を開催)
の3つのレベルがある.
インストラクターになるにはトレーニング(?)を積む必要がある・・・らしい.

国内においては
シニアインストラクターは紀伊克昌先生(ボバース記念病院,名誉副院長,理学療法士)1名である.
アドバンスドコースインストラクターは古澤正道先生(ボバース記念病院,理学療法士)1名である.
ベーシックコースインストラクターは,17名おられる(たしか・・・)

正規講習会は日本国内では以下の病院で開催されている.
北斗病院(北海道),栃内第二病院(岩手),順天堂医院(東京),順天堂東京江東高齢者医療センター(東京),山梨温泉病院(山梨),富士温泉病院(山梨),ボバース記念病院(大阪),誠愛リハビリテーション病院(福岡),クオラリハビリテーション病院(鹿児島)
講習会情報や関連ニュースは日本ボバース研究会で情報を得ることができる.

フォローしてね!

この記事へのコメント

  1. こちらこそ
    訪問ありがとうございます.
    こちらこそヨロシク御願いいたします!
    ぷろPTさんのブログも拝見させていただきました.
    非常に内容が濃く,参考になります.これからちょくちょく覗きに行きたいと思います!

コメントを残す