YouTubeでゴッホの勉強

Pocket

ゴッホ展に向けて映画を見にいった(ちょうどやっていた)

KAZZ BLOG:映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』観てきた | 素晴らしい!

そのノリで、Youtubeでゴッホについての予習をしてみた。

動画で学ぶのって、面白いからオススメ!

さて、僕が興味深くみさせていただいたのはコチラ

スポンサードサーチ

美術系YouTuberいとはるさん

ゴッホの生涯を解説〜なぜこんなにも愛される?不器用だが懸命に生きた世界の画家フィンセント・ファン・ゴッホ

美術系YouTuberいとはるさんの解説動画
これを機に他の動画も見てみたくなった!

美術系YouTuberいとはるさんを紹介

  • Instagram
    1分動画をメインにアップ。
    Youtubeにあげるほどでもない30秒動画はインスタとツイッターにのみあげてます。
  • Twitter
    文章での自己表現がメイン。
    こんな動画が作りたいだとか、こんな企画がやりたいだとか呟いたり、ときにアンケートをしたり、リプしたりして、見てくださっている方とのコミュニケーションをとる場です。
  • Note
    普段の生活で感じたことから、美術に対する熱い思いまで、ほぼ毎日更新。
    note見てくださる方はとてもコアなファンです笑
  • Youtube
    西洋絵画を快適にわかりやすく解説するチャンネルを目指しています。
    美術くわしくないけど〜という方と美術好きでちょっと知ってる〜という方両方が楽しめる深くて楽しいけど手軽に学べるコンテンツ作りを心がけてます。
  • ネットショップ 

そして、動画でゴッホを学ぶのにオススメのもの、もう一つ

皆さんご存知(たぶん)

中田敦彦のYouTube大学

これ、前編後編に分かれている。

この中田敦彦のYouTube大学、色々指摘されている部分もあると思うけども、なんというか面白いので、楽しめながら学ぶことができる。

ここでネタ元にされているのが、こちらの本。

内容紹介
19世紀後半、絵画の常識を覆した画家たちがいた。
それが印象派だ。不遇の時代を経て、いま彼らは「革命家」と呼ばれる。
その作品は現代絵画の布石となり、多くのアーティストに影響を与えた。
モネ、ルノワール、セザンヌ、ゴッホ……いまも絶大な人気を誇る彼らの冒険を紹介。
『Pen』2010年6/1号に《ゴッホの人気に謎に迫る特別編》を新たに追加。

印象派の流れからゴッホについての詳しい解説まで掲載されているようで、書評も好意的なものが多い。


ぼんやり前知識なしで、自分の感性に任せて絵を眺めるのも面白いし、いろんなことを知ってみてみるのも面白いと思う。

ゴッホ展

僕が行くのは、兵庫県立美術館のやつ!

楽しみ〜

 

スポンサードサーチ

参考

 

フォローしてね!

コメントを残す