リハビリ(理学療法)実施状況

Pocket

今日は,患者さんの理学療法実施状況を確認するために病院に遅くまで残っている.
おそらく日が変わる.
僕の所属するリハ科は365日リハ提供を目指しているが,現状では

■理学療法:6日/週
■作業療法:5日/週
■言語聴覚療法:5日/週

となっている.
つまり,理学療法以外は通常のカレンダー勤務となる.
(この大型連休中は交代勤務で出勤されるそうだが)

一人の理学療法士につき,担当患者さんは9~12名程度.
理学療法士は,日曜日は確実に休みなのだが,あとは月~土の間で,一日休みを取る(たいがいは希望日を休める).
カレンダーにある休みの「日数」は確実に休めるが,何曜日なのかは否定だ.

自分が休んだ日には,出勤している理学療法士が自分のの代わりに患者さんのセラピーを行う.

当リハビリテーション科の理学療法士は19名で,5人×3班+4人×1班の体勢で行っている.
班の中に休みの理学療法士がいる場合は,その班の出勤者で休みの理学療法士の担当患者さんを代わりに担当する(これを「フォロー」と言っているが)

さて,5人一班なので,月~土のうちに5人が休みを取る.
班の構成員がAさん,Bさん,Cさん,Dさん,Eさんとした場合

休みの取り方は,例えば
月:Bさん休み
火:Dさん休み
水:Aさん休み
木:Cさん休み
金:
土:Eさん休み

と行った具合になる.・・・つまりその班をみた場合

「ほぼ毎日,誰かが休んでいる」,
「週の中にみんなが顔を会わせるのが1日だけ」.

という状況だ.しかも,一つの班をとっただけでもそうなのだ.
班が4つあるので,リハビリテーション科としては

「ほぼ毎日,4人程度休んでいる」,
「週の中にみんな(19名)が顔を会わせることは殆どない」

ということになる.
ま,看護士さんなんかは,全員が顔を合わせることなんて,そもそもないのだろうが・・・.
(忘年会とかでも,誰かは病棟にいないとイケないしね)

で,
果たして,フォローはどのくらい行われているのか?
・・・というところを調べてみたのだ.
しかも,4月におけるの僕の班の場合に限って

結果:

「最低で11.8%,最高で100%,平均は61.1±17.4%」

この大きな幅はなんだ!
つまり,フォローできていたりできていなかったりなのだ.
折角,不定期出勤にしているのに,これでは×だ.
ま,現状把握は改善の第一歩というところで

全患者週6日リハ(理学療法),あるいは365日リハを実現するにはどうしたら良いのか?

■週108単位を実現
→全員,毎日残業1~2時間確定

■一人当たりの担当患者数を減らす
→リハ処方の出ない患者さんが出現

■理学療法士を増やす
→いままでの経緯から,セラピストが増えた分リハ処方も増え,現状に変化なし(笑)!

う~~~ム
どなたか,良い知恵を!

フォローしてね!

コメントを残す