新型コロナウイルス | 日本臨床栄養代謝学会の学会対応

Pocket

この新型コロナウイルス感染拡大に祭して

参加している学会

第35回日本臨床栄養代謝学会学術集会

の中止が決定していた。

学会のみならず、一般のイベントは中止になっているし
医学系の学会は、軒並み中止になっている(不要不急の場合を除き)

さて、この学会は1万人規模が全国から集まる学会

歴史ある学会で、医療関係のみならず多職種が集まる

なので、規模としては大きい

学会イメージ

てことで、事前参加登録をしていた人もいるし
学会発表を予定していた人もいる
学会と同時に開催されるセミナーに参加予定だった人もある

こういったことは、各参加者の業績としてカウントされる(そのg長石のために参加している人もいると思う)

で、どうなるか?

2月28日に、その対応について発表されていた。
(どうやら、緊急性を伴う事項について協議が行われ、まだそのほかの対応についてはさらに検討が行われる様子だ)

スポンサードサーチ

新型コロナウイルス感染拡大に対する日本臨床栄養代謝学会の学会対応

  • 学会、セミナーは中止
  • 事前登録した人が振り込んだ参加費は変換しない
  • しかし、発表、参加については業績としてカウントする
    (※したがって、同内容での演題発表を次期以降の本学会や他学会で行うことは、二重発表となるため注意が必要)
  • 当日参加予定にしていた人については、事後参加登録という形で学会参加の履歴とする
  • 一部の講演プログラムについては、参加登録した人にウェブサイト上で届ける準備をしている(現在収録中)
  • 35回学術集会時NST専門療法士更新必須セミナーおよび受験必須セミナーをお申込みの人には、本年度の申請に対応する形での受講をe-learning形式で実施できるよう収録を開始している(具体的な受講方法については後日案内)

このような対応だ。

有事に対する対応のあり方で、その人や組織の能力を測ることができる

ウイルスは気をつけなければならないけども
それよりも混乱を招かないことが大切だということをヒシヒシと感じている。

さすが規模の大きなしっかりとした団体だ
学会のこのような早々の対応と報告に100点満点を感じた。

有事に対する対応のあり方で、その人や組織の能力を測ることができる。

国や会社、人や家族、団体など、
うろたえずに対応できるようになることを願う。

スポンサードサーチ

参考

第35回日本臨床栄養代謝学会学術集会での集合型開催の中止につきまして(第4報)(2020年2月28日現在)
kazz blog「JSPEN」関連の記事

フォローしてね!

コメントを残す