OZZYが寝たきりに?! | Ozzy Osbourne “Bedridden And In Agonizing Pain”

Pocket

悲しい記事が流れてきた。

スポンサードサーチ

Ozzy Osbourne “Bedridden And In Agonizing Pain”

これはiloveclassicrock.comの記事

Ozzy Osbourne “Bedridden And In Agonizing Pain”

つまり
苦痛で寝たきり状態にあるとのこと。

先に断っておくけども、真偽のほどは不明。

元の記事は

RADAR ONLINE
LAST DAYS: OZZY OSBOURNE ON HIS DEATHBEDThe ailing Black Sabbath frontman can’t even recognize his wife anymore.

記事によると、

オジーは、苦痛で寝たきり状態で、分別をなくしているとのこと。

そして、妻のシャロンを認識できないほどの状態らしい。

これは、麻酔の影響であることを願うけども・・・

2003年のバイク事故

そもそも、オジーは2003年(12月8日)に4輪バイクで事故を起こし緊急手術を受けた。

  • ろっ骨を8本
  • 鎖骨
  • けい椎

それぞれ骨折したみたいで、集中治療室で人工呼吸器をつけた状態に・・・

そこから、さまざま体調不良を起こす状態になっているみたい。

てか、ライブ中に本物のコウモリ(の死体)を投げつけられて、そのコウモリの首を噛みちぎって、即病院送りになっこともあるけど・・・

スポンサードサーチ

メタル音楽界の重鎮 オジーオズボーン

配管工になろうとか考えていた人生だけども、ブラックサバス(Black Sabbath)というバンドが大ヒット。

それが、1968年

そのオジーも、今では71歳。

若いとも言えないけども、動けなくなるにはまだ若いと思う。

注目される人物だし、本人のさまざまな奇行もあって
変に取り上げられることが多い。

こんな情報嘘だと思いたい・・・

ちなみに、僕がギターを始めたきっかけがこのオジーオズボーン

ブラックサバス脱退後のソロ活動で、ギタリストにランディーローズ(Randy Rhoads)を加えての素晴らしいバンドだった。

※このギタリストランディー・ローズは1982年に飛行機事故で夭折

ほんとは大丈夫なのか?

とにかく・・・

オジーが死に瀕しているなんて信じたくない!

フェイクニュースであってほしい!

てか

1月7日の妻シャロンは

オジー・オズボーンの妻「オジーはエルトン・ジョンとコラボしている」

と言っている

“There is new music and it's great. He's got his friends playing on it. He’s doing a song with Elton [John]. There is so much good stuff.” 

うーん

やっぱり、大丈夫だと思ってていいのかなぁ・・・

 

スポンサードサーチ

参考

フォローしてね!

コメントを残す