報道ステーション『印象操作報道』を世耕さんに謝罪 | あなた方の説明責任は?

Pocket

報道ステーション、世耕さんに謝罪

さて、自民党の世耕(せこう)さんの記者会見において
印象操作を行う編集をした「報道ステーション」

詳しくはこちらを参考にしていただきたい↓

KAZZ BLOG『マスコミの印象操作 | メディアリテラシーを!』(2019年12月11日)

スポンサードサーチ

報道ステーションの謝罪

さて
Twitterでも「これはひどい」という声が多く上がって

謝罪を行ったようだ。
(・・・謝罪という形をとったというのが正しいかも)

経緯と謝罪の動画をアップしたのでみていただきたい。

この謝罪・訂正でよいのか?

さて、
これ、予想通りの内容。

謝罪では

  • 誤解を招く表現
  • 丁寧ではなかった

とされているけども、

そんだけの説明でいいのかい?
と言いたくなる。

いつも、政権与党に対して「説明責任を!!」と勇ましく問うメディアとして、この程度の謝罪や訂正で良いのかね?

印象操作というのは、後でこんな訂正や謝罪を行っても、視聴者はいまひとつ何があったのかピンとこないのが実情だろうと思う。

結局は、政府に対する不信感をばらまくだけばら撒いて、その印象というのは無くならないだろう。

もっと、どんな不利益が世耕さんや与党に降りかかったのかを説明して訂正してもらいたいものだ。

まぁ、今回もはっきりとわかったのだ

これがメディアの謝罪と訂正の仕方だってことだ!

 

スポンサードサーチ

ついでに蓮舫

フォローしてね!

コメントを残す