人間関係に悩める人へ

Pocket

職場において、日常生活において
人間関係で悩むことは多いと思う。

人間関係において考えなければならないのは

  • その人の問題
  • 自分の問題

・・・では"ない"ということだ。

人の認知機能を考えると、見たいものを見て、聞きたいものを聞いて、感じたいものを感じるようになっている。
と、そう考えたほうがいい。

  • 嫌なやつ

というのは、自分が作り上げている

また

  • 嫌われている自分

というのも自分が作り上げている。

また

  • あいつはダメなやつ
  • あいつはできるやつ

ってものそうだろう。

ここで、参考になる知識を紹介したいと思う。

ピグマリオン効果

彫刻家ピグマリオンは、命ぜられて大理石の女性像を彫った。

それは、あまりにも美しく、素晴らしい作品となったのだが、
ピグマリオンはその彫像に恋をしてしまい、甲斐甲斐しく世話をするようにまでなった。
食事や装飾など、まるで恋人のように・・・

その恋はあまりにも深く、ピグマリオンは『もし、彼女を手に入れられないようならば死んでしまおう』と思うまでに。

女神アフロディーテは、彼の願いを聞き入れ、その彫像に命を与えた。

これは

「必ず実現する」と強く信じ続けると、それが叶う

そういう例えとして用いられる

 

ローゼンタール効果

このピグマリオン効果に対して

『人間は期待された通りに成果を出す傾向があることの現れ』とされ、1964年にアメリカ合衆国の教育心理学者ローゼンタールによって実験された。

とある小学校において
あらかじめ無作為に選ばれた子供達の名簿を作り、担当の教師には

「今後数ヶ月の間に成績が伸びる子供達だ」

と伝えておいた。

数ヶ月後、その子供達の成績はたちかに伸びたのだ。

もちろん、最初は無作為に選ばれた子供達だったのに、教師に「できる子」と伝えただけで、成績が本当に伸びてしまったのだ。

  • 教師からの期待のこもった眼差し
  • 子供達が感じた教師からの期待

これらが成績向上の要因として考えられる。

嫌な世界の作り方

逆に、
望まないことは、そのような結果をもたらすのかもしれない。

  • あの人苦手
  • 自分は嫌われている
  • あいつはダメなやつ

そういった自分の認識が、世界を(他人を)そういう風に作り上げてしまう。

嫌な人という認識が、その人の嫌な部分をどんどん発見してしまう。
そして、「ほら、やっぱり嫌なやつだ」

という具合になる。

また
「ダメなやつだ」という認識が、その人の嫌な部分をどんどん発見してしまう。
んで「ほら、やっぱりダメなやつだ」
という具合になる。

この嫌なもの、ダメなものを認識するのはどんどん習慣化されるようだ。

そして、

  • 嫌なところを見つける名人
  • ダメなところを見つける名人

になってしまう。

そういう思考というのは
狭いのだ

どんなモノでも人でも、多面的に見られば、良いところ悪いところがある。

それをワザワザ悪い部分に焦点を当てなくても良いだろう。

人間関係に苦しまないために

ぜひ、

  • 良いところを見つける名人

になってもらいたい。

方法?

無理に良いところを見つけなくても良いと思う。

  • 「おはよう」という挨拶
  • 「ありがとう」と添えることのできる心の余裕
  • 笑顔

そういったことから変えることができる。

相手に対する疑いの気持ちや、不信感・・・そんなものは置いておいて

挨拶、感謝、笑顔のほんの小さな心持ちを持っておくと、そういう具合に世界は作られると思う。

苦手意識は相手に伝わり、相手も鏡のようにその反応を示すようになる。

だから、逆ね!

好きでいるという思い、自分のことを好きでいてもらいという思いも、相手に伝わり、鏡のように相手もその反応を示すようになる。

世界を「嬉しい」「良い」という認識で見ることがで来ますように。

そして、もうひとつ

もちろん、人の悪い部分を目がいってしまうこともあると思う。

でも、それは当然のこと。

悪い部分もあり、良い部分もあるのが人間で

それを感じ取るあなたも人間

悪い部分に目がいったら、

  • その背景も考える
  • その人にも愛する人がいるということを考える
  • その人も苦悩しているかもしれないと考える

相手にも相手の人生がある。自分も同じ。

愛する人がいてるし、愛してくれる人がいる。

温かい目で見られるように

嫌なところを見つけてしまった時、「嫌なところを見つけた私」を認識して、決して否定しないこと。

相手を癒す・許す大きな気持ちが持てるように、深呼吸しましょう。

嫌なことに遭遇した時の気分転換ワード

嫌なことに遭遇した時、嫌だなと感じた時には、心の中で呟くといい

  • 「そういう考え方もあるな・・・」
  • 「この方も発達途上にあるんだな」
  • 「この方も気持ちに余裕がないのかな?大丈夫かな?」
  • 「自分はこうならないように気をつけよう」
  • 「まぁ、人生において、嫌なことのほとんどは小さな価値しかない。」

そのくらいの余裕が持てるといい。

    

ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!
ブロトピ:ブログ更新しました。

フォローしてね!

コメントを残す