新チーム ミーティング

Pocket

新しい年度になって、僕の部下構成も少し変わった。

班員に上司の課長が含まれるという不思議な構成は変わらず。

昨年度は1年目の新人君がローテーションで配属されていたけども、今年度は2名の新人が配属された。

固定されているメンバーも、かなり力になってくれていて、チームワークもアップしていると思う。

今日は、新しい班構成でミーティングを行った。

この班の方針や課題、挑戦したいことなどの紹介と確認だ。
で、ほぼ午前の業務時間のほとんどを使ってしまった。

班の活動としては
・個人スウォット(SWOT)の作成。
・新人の症例指導
・初日からのFIM作成、計画書作成
・ウィークリーサマリーの作成(ゴール設定の明確化)
・全例添書(他スタッフののチェックを受ける)
・脳卒中リハに関わる評価項目の策定
・自分たちが行っている臨床に関わる何らかのデータの集計
・ホウレンソウ(報告・連絡・相談すること。そのことで、叱らない・責めない)
・5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)活動
・個人ミーティング(月一)

新しく来た新人さんには
・勤務表作成ルール説明
・患者振り分けルール説明

・NST回診・カンファレンス見学
・褥瘡回診・カンファレンス見学
・理学療法士協会新人教育プログラムの終了

その他のアイデアとしては
・読書部(月一?);一緒に読書する時間を作る。

・・・・

ま、いろいろアイデアはあるんだけども、
走らしてから修正しなければならないこともあるし、
今日はこのくらい。

最近のテーマは
個人としての成長と、組織としての成長を、如何にちから強くまったりとそこはかとなくやっていくかということ。

多様な価値観を認めつつ自己の価値観を見つめ直すことも大切だ。

フォローしてね!

コメントを残す