不安の中にいる人

Pocket

病棟を歩いていたら、看護師さんと患者さんが、廊下の中央でたたずんでいた。

口元を拭く看護師

優しい看護師さんで、口元のゆるい患者さんの顔をきれいにしようと、手拭きを患者さんの顔に伸べていたのだ。

けども、実は美しい光景ではなく、様相はボクシングのよう。

ジャブを繰り出す看護師さんと、それをスウェイバックやダッキングでかわす患者さん、そんな感じだ。

(〝感じだ〟というと〝カンジダ〟を思い起こすのは医療者たる宿命か)

この患者さんは、認知機能に問題がある方だ。

看護師さんの思いやりも、その患者さんにとってはそれが攻撃に映ることがある。
残念ながら。

僕は通りがかりであったので、(失礼ながら)滑稽な様相を呈すふたりをじっくり拝見することができた。

僕は患者さんの背中を撫で、『こんにちは』と声をかけた。
すると、患者さんは深くお辞儀され挨拶を返してくれた。

『具合はどうですか?』と尋ねると、患者さんは『この方は本当にいい人で』と、僕のことを看護師さんに紹介してくれた。

なんか、こういうことってある。
心が通ったように感じる時。

自分を見つめるもうひとりの自分
柳田 邦男
佼成出版社

柳田邦男の本を読んだ。
その中に『不安の中にいる人の心に真に寄り添う』という言葉があった。

きっと、患者さんは口元をきれいにすること(綺麗にされること)よりも、他のことを欲していたのかもしれない。

患者さんにとって何が安心をもたらすのだろう。
それを考えていきたい。

フォローしてね!

コメントを残す