松江しんじ湖温泉足湯

Pocket

先日の休暇はいろいろとブラブラしでたのだけど

ブラブラするのに丁度いいのが、足湯!

職場の近くには(と言ってもとほ16分)、宍道湖温泉駅があって、そこには足湯がある。

温泉はあまり好きではないのだけども、足湯は手軽で好きだ。
足湯は通常の音声と違い真っ裸になる必要がないのがいい(バカ)!

てことで、
松江しんじ湖温泉足湯

足湯には「お湯かけ地蔵尊」もおられる!

―――――――
昭和46年(1971年)開湯と比較的新しい温泉で、地下1250mから湧き出す温泉は77度と高温な上、湯量が豊富。保温効果のあるナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉で、神経痛、関節痛、筋肉痛、冷え性などに効能があるといわれており、浸かっていると体が芯からほぐれていくようです。開湯当時は「松江温泉」と呼ばれていましたが、2001年に名称を一般公募し、今の名前に決定しました。温泉街の西の外れにある湯元には、温泉の恵みに感謝して建立された「お湯かけ地蔵尊」が祀られており、湯をかけて手を合わせれば、健康と幸せになれるという言い伝えが残されています。
【神々のふるさと山陰】ポータルサイト 大山・中海・宍道湖の旅まるわかりガイド
―――――――

夜にしか来たことなかったけど、日中でもいいなぁ。

バカみたいにくつろげる!
(*´∀`*)

また、ブラリと寄ってみたい!

フォローしてね!

コメントを残す