修羅場だった

Pocket

臨床業務を終えて・・・

残っている仕事は、カルテ入力という仕事。

自分のしたアプローチや評価など、それぞれの患者さんについてあれこれと書く。
早く終わらせることもできるのだけども、ゆっくりと考えながら行うこともある。

僕は診療情報管理士の資格も持っているで痛切に知っている。

カルテ情報は臨床と同じくらい大切なもの。
・・・だが、なかなか充実させることができないでいるのが現状

病棟、スタッフステーションのカウンタ

並んでいる電子カルテの前に座って、今日の臨床内容の入力をカタカタと打っている。

看護師の忙しさは時間を問わずに存在していて、電子カルテに向かう僕の付近を慌ただしく通り過ぎたりしている。

そうそう、
僕の隣にはこの春に入ってきた新人くんもいる。
まだ患者さんを受け持っていないので、電子カルテで入力することがないのだけども、電子カルテから情報を得て学んでいるのだろう。

ふと気がつくと、スタッフステーションはカウンターに座っている僕と新人くんを残して静かになっていた。

誰もいないなとも思ったけども、遠くを見渡すと、声が聞こえてくる

声は少し離れた病室からだ。

と思ったら、

『kazzさぁ~ん!!!!』

と複数聞こえてくるではないか!

あれ、と思い、声のする病室に駆け込んだ。

僕を呼ぶなんてのは、非常事態だ。
『猫の手でも借りたい』という呑気な雰囲気ではなかった。

病室に入るなりビックリ!

血だらけの患者さんと、取り押さえている複数のナース!

何事か?
と思う間もなく、僕も患者さんを取り押さえる一員になった。

とにかくアブなかった。
患者さんは血を流しながらも、看護師に襲いかかろうとしている(というか手を振り上げたり蹴るなどしている)。

興奮する患者さんをなんとかなだめようとしながらも、そのことがかえって患者さんを興奮させる、といった状況。
しかし、看護師が手を離せば、興奮している患者さんはすぐにここを飛び出すだろう。
抑える以外にはない、のだ。

離脱症状?

明らかに患者さんの様相は、普通の興奮状態とは違っていた。

緊急時における抑制
薬剤投与

看護師さんへの攻撃は凄まじかった。

叩く、つねる、蹴る、唾をはきかける・・・

すでに看護師さんの腕には内出血が浮かんでいた。

・・・

男手として役に立てたかどうかわからないが、薬の投与もあり、だいぶん自体は落ち着いた。

・・・

驚いたことが2つある。

一つめ
僕はたまたまこんな状況に関わったのだけども、看護師はこんな状況にいつもさらされている(可能性がある)ということ。
女性の職場で、大きな男性の患者さんの興奮に対して抱く恐怖にされされている(少なくともその可能性がある)という状況。

もう一つは
そこに関わった看護師が、誰ひとりとして不満を言わなかったこと。
患者さんに対して怒鳴りかえしたり、逆にあしらったりする態度を微塵にもみせず、それどころか、患者さんの苦痛を取り払うように、落ち着いた優しい声かけをし続けたこと。

暴力に対してカッとなるという様子がみられなかった。

プロだなと思ったし、プロだからなせるんじゃなくて、やはり総体として人間的な優しさを持っているんだなと感じた。

少ししてから手伝ってくれた新人君と共に、非常に良い勉強になったねと話し合った。

ひとつ、現場を知るということに近づけた気がした。

これからも現場で働いていきたいと思った。
看護師さん達よ、ありがとう。






新人君を連れて、夕食にパスタ。

フォローしてね!

コメントを残す