SWOT

Pocket

今日は、スタッフにBSC(バランスト・スコア・カード)の講義をした。

当初「1時間ほどで終わるから」と言っていたのだけども、結局2時間くらいしてた。

配布資料の作成が間に合わなかったせいもあるけども、最初、スタッフにSWOT(スウォット)分析というのをしてもらった。

SWOTというのは、Strenghs(強み)、Weakness(弱み)、Opportunities(機会)、Threats(脅威)のそれぞれの頭文字をとったのもだ。

Strenghs(強み):他者と比べて優れた点
Weakness(弱み):他者と比べて劣っている点
Opportunities(機会):有利に働くと考えられる外的環境
Threats(脅威):不利に働くと考えられる外的環境。

「病院」という単位で考えてもいいと思うし、「リハビリ課」という単位で考えてもいいし、「理学療法部門」という単位で考えてもいいし、自分個人として考えてもいいかもしれない。

2007年の年末のデータ。

以前、リハビリスタッフのみんなで出し合ったデータを持っている。
みんなが、リハビリ課のSWOT、病院のSWOTを出し合ったものだ。
それらを一枚のまとめるた非常に面白いものができあがっていた。

それを今日は印刷して、後輩君達に配った。
君たちの先輩達が考えたSWOTだよ、と。

SWOTという視点で、つまりは自己を客観的に評価するものだ。

それが3年前に作られていて、保存されているのはおもしろい。
当時の様子がタイムカプセルのように思い起こされる。

僕も久々にその項目をマジマジと見た。

項目を見てみると、
「こんなことが問題として挙がっていたなぁ」
とか
「今も改善されていないなぁ」
など

非常に参考になった。

若手スタッフがそれを見てどう感じたのか分からないけども、過去に学ぶことって重要だな。

定期的に、SWOT分析を行っていくといいかもな。

でも、あまり高い頻度で作っちゃうと、いつも代わり映えしなくなるかもしれないから、やはり忘れた頃に作り直すのがいいのだろうか・・・

などと思いつつ。

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

スポンサードサーチ

参考

KAZZ BLOG「BSC(バランスト・スコア・カード)」関連の記事
KAZZ BLOG「リハビリ」関連の記事
KAZZ BLOG「リハビリ」関連の記事

フォローしてね!

この記事へのコメント

コメントを残す