駅ホームにて

Pocket

夜中に雪が降って街を白く染めてたかと思うと、日中のほのかな陽がじわじわとそれらを溶かしている。

それでも、夜に立つ駅のホームは寒くて、コートに顔をうずめて列車を待つことになる。

ときおりホームに舞い込んでくる粉雪が美しく、顎を胸にうずめたまま夜空を見上げる。

駅員の声がスピーカから流れてくる。
若い女性の声だ。

しかし、それらはウソが並べられている。
いつもおなじ台詞。

3分程度の遅れはもう5分も遅れているし、
列車はエレベータ付近には止まらないというのもウソだ。

しかし、ウソが本領を発揮するのは、こういった積み重ねによるものだ。

もしかしたら・・・

ということを考えてみる。

今日だけは、エレベータ付近に止まらないかもしれないし、時間通りに列車が来るかもしれない。

そんなことを、コートに埋まったまま、身体を左右に揺らしている状態で考えてみる。

少し前に飲んだワインのせいかもしれないけども、、頭の中でグラグラと変な思考がまわる。

一つため息をつくと、寒さのせいか、顎がガチガチなる。

明日のことを考える。
休暇だけども、何も予定はない。

フォローしてね!

この記事へのコメント

  1. Unknown
    なんとなく。
    文学作品を読んだ気分…
    と、思いながら。
    同時に浮かんでしまったのです。

    島根県も雪が降るんだと。
    降るなんて思ってませんでした(笑)

コメントを残す