実るほど頭を垂れる稲穂かな|カッコ悪い上司になるなよ

Pocket

実るほど
頭を垂れる
稲穂かな

というのは、立派な人、立場が上な人ほど謙虚な姿勢を持つ

という意味で使われる。

僕の働く医療業界でも、(いわゆる)偉い人はたくさんいる。

  • 責任を持っているドクタ
  • 上位資格を持った看護師
  • 部署の上司
  • 経験年数の多い人・・・
  • などなど

本当に立派な人たちが多い

けども

その反面
立場が上で謙虚さに欠けた人もいる。

たぶん、どこの世界でもそうなのだろうと思う。
無意味に怒ったり、怒鳴ったり、ツンケンしたり・・・と
「無意味に」と書いたのは、本当に無意味だと思うから。
たぶん、怒ったり、怒鳴ったり、ツンケンしたりが有効な効果を発揮することは少ないだろう。
かなり信頼関係の深い間柄では、そういったことが効果的なこともなきにしもあらずかもしれない・・・というくらいだと思う。

さて

立場が上の人、というのは
立場が下の人がいないと成立しない。

そして、それらの「立場が下の人」によって支えられている。
ここに気がつかない「立場が上の人」というのは横暴になる。
自分が支えられているということに感謝するどころか、敬意のかけらもない態度で接したりする。

でね
これって見ていて

非常にカッコ悪いし、残念になる。

例えば、とても高い知識や経験などがあっても、それを無にしてしまうくらいにカッコ悪いと思う。

損してるなぁ

そういう横暴な(おこちゃまな)「立場が上の人」は、カゲで文句を言われるのがオチだ。
そういうこともわからずに「立場が上の人」で居続けると、余計に下の人たちは構えてしまって関係がギクシャクする。

けどもおもしろいことに、
「立場が上の人」は、そういうギクシャク感には敏感になってたりして
余計に怒ったり、怒鳴ったり、ツンケンしたり・・・みたいなことが繰り返されたりする。

負のループ

僕もねぇ

教えてあげたいのだけどもね・・・

それって何か得しますか?」って

それって甘えじゃないですか?」って

自分がスタッフの中で、支えられて、たまたまその立場にいるだけ

その機能を持たされているだけって感じることが大切だと思う。

というワタチは…係長
テヘヾ(≧​∇≦*​)ゝテヘ

フォローしてね!

コメントを残す