鼻水を垂らしていたような初心者時代 | 指導

Pocket

専門学校に通っていた頃
やんちゃな先生がおられた。

その先生の授業はとても面白くて、
僕がしっかりと勉強できたかはわからないけども、この世界に対する興味を深めてくれた先生だ。

ちょっとした毒舌も素敵だった。

その先生は
その毒舌でもって、(いわゆる)キビシイ先生のことをこう評されていた。

自分らだって、はじめの頃は鼻水垂らしとったくせにっ!

この言葉は今でも僕の頭に響いている。

学校を卒業してプロになって
年数が経つと、それなりの経験値を積み、後輩も増える。
学生もくる。

「こんなこともできないのか」
「なんでやらないんだろう」
「感覚がおかしい」

・・・などと、思うことはない。

そうだ

自分だって、『はじめの頃は鼻水垂らしながら働いとったクセ』なんだ
と思い出す。

誰にだってはじめはある。
それぞれにそれぞれの始まり方があるだろう。

鼻水も十人十色

そんな十人十色の鼻水を見ながら思い出す。

そうだな

あの先生

初心忘るべからず

って言いたかったんだな(笑)

スポンサードサーチ

不可忘初心(初心忘るべからず)

これは
世阿弥(ぜあみ)の言葉だ

まさか、世阿弥は「鼻水垂らしとったくせに」とは思わなかったんだろうけどもな。

 

 

 ブログランキング・にほんブログ村へブロトピ:今日のブログ更新

  

フォローしてね!

コメントを残す