メロスは激怒した。

Pocket

寒くなってきた。

痛みを感じる程の寒さだ。

仕事帰りの駅のホームではペンギン作戦を決め込んだ。
・・・つまり、パーカーのフードを被り、直立不動で列車を待つのだ。

列車内は温かい。

が、ホームでの寒さで縮みこまった身体は、なかなか動かせない。

そんな僕の心を、唯一慰めてくれるのは

『次の乗換の駅、米子駅では、愛おしいラーメンが僕を待っていてくれているはず。』

そういう暖かな気持ちだ・・・。

寒さに負けずに辿り着けば、きっとビールと共に僕を出迎えてくれるはず。

ラーメンよ

待っていてくれ。
ぼくを温めてくれ!

列車の乗換え時間は25分と短いけども、きっとなんとかなる。

米子駅についた僕は、走って改札を抜け、僕を待っているラーメンとビールを胸に心踊らせ、駅敷地内のラーメン屋「大和」に向かった。

フォローしてね!

コメントを残す