飲みニュケーション

Pocket

本日、脳神経リハ班での新年会!

脳神経リハ班は6名のグループで
班長が僕で、班員の中に上司(課長)がいるという不思議なグループだ。

病欠2名での新年会となったけども、楽しめた!

会場は

■おでん庄助

やはり飲みの場って、いろんな話が聞くことができていいもんだ。

年を追うごとに、飲み会の機会はすくなくなってきていると思うけども、こういう場を定期的にもつことも大切だな。

飲ミュニケーションについては、賛否両論あると思う。

「最近の若者は」論では、若手が飲み会に出て交流しなくなっている、ということがしばしば言われている。
つまり、仕事だけして帰る。そのほかの交流は遠慮される・・・ということに対しての不満が語られることが多い。

たしかに、飲み会の場で世の中のことや、仕事のことを先輩から教えられることもある。

けども、こういう話を聞いた(読んだ)こともある。
つまり、上司からいろいろ教えてもらうのではなく、職場の愚痴を延々と聞かされる飲み会になってしまう・・・と。

そうであれば、後輩たちにとっても行きたくない飲み会になるだろう・・・

そういうのは避けたいな、と思う。

個人的には、気の合った人たちだけで食事したいというのが希望(←最近の若者ではないけども・・・)

フォローしてね!

コメントを残す