セラピストの風

Pocket

理学療法士になりたいと思った動機。

そういう話題になることが少なからずある。

高校の同窓会や、あるいは、就職活動の検討において。

---------------------

僕の動機はさておき
ふと、自分の学生時代のことを思い出した。
同級生の女の子がいった、理学療法士になりたいと思った動機・・・。
(「女の子」といっても、もうアラフォーになるんだけどね)

その女の子は、高校生の時に、整形の病院で「リハビリを受けていた」のね。
(正確に言うと、理学療法士を受けていたのだけども)

そこでの経験が、理学療法士を目指すきっかけになったんだけども、それは、その理学療法士がすごい腕を持っていたとか、高い知性を備えていたとかいう理由ではない。

素人には、理学療法士は皆、その分野の技術と知性を兼ね備えていると思うだろうから。
その、技術や知性のほかに

その女の子が担当理学療法士に感じていたのは、空気感や雰囲気。

その理学療法士がリハビリ室に入ってくるなり、部屋の空気が変わるそうなのだ。

その理学療法士は、明るく優しく、お茶目だけど、堅実。

その理学療法士がリハビリ室に入っただけで、空気が変わる。
っていいよな。

その人から吹いてくる風、みたいなものがあるんだろうな。

そういうことを学生時代に聞いて、僕もそういう存在になれたら・・・と気になり続けている。

こういったことは経験年数も関係ないと思う。
もちろん、経験が生み出す安定感というものはあると思うけども、経験さえあれば醸し出されるものではない、という意味。

看護師さんを見ていてもそう。
人間性が滲み出ている看護をする方は、年齢に関係なく安心感が持てる気がする。
時には、看護学生が大きな力を生み出したりする。

患者さんに安心感を与えられるように・・・。
そういう大きな存在になれたらいいな。

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

スポンサードサーチ

参考

KAZZ BLOG「リハビリ」関連の記事
KAZZ BLOG「リハビリ」関連の記事

フォローしてね!

コメントを残す