機能分化と医療連携

Pocket

今日は

■脳卒中地域連携パス合同委員会

年三回の会議で、

現状報告(症例数や患者転帰)と講演が計画されていた。

講演は錦海リハビリテーション病院副院長 角田賢先生

『機能分化と医療連携~病床機能報告制度、地域包括ケアシステムで地域医療はどう変化するか~』

いままで地域包括ケアについて、いまいちピンときてなかったのだけど、今日の話でわかってきた感じになってきた!

冒頭において、

1)今後数十年後、高齢者が増え続ける
2)特に高齢化が進行している過疎地を中心に
3)全国共通の問題として
早急に対策を進めていく必要がある。

上の1~3を、地域においては(こと山陰)否定する必要があることをデータを用いて説明されたが、まさにメカラウロコ!

いま僕たちが直面する問題と、考えなければならないことがわかりやすい言葉で解説されて、講演終わりまであっという間の時間だった。

やはり、地域連携とともに、前提となる内部連携(それも、しっかりと事務職も含めた形で)進める必要があると感じた。

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

スポンサードサーチ

参考

KAZZ BLOG「リハビリ」関連の記事
KAZZ BLOG「リハビリ」関連の記事

フォローしてね!

コメントを残す