タキる

Pocket

今日は看護部の勉強会に参加させてもらった。

■心電図

基本的なところからの勉強ということで、参加させてもらったのだ。
講師は当院心臓血管病センターの看護師さん。
院内の看護師さんたちが結構な人数来ていた。

最近、遅ればせながら僕も心電図の勉強をしていて、予習はバッチリだ!
(↑自分で言うな!)

以前であれば、何が何の波だか、異常だか正常だかさっぱりわからなかったのだけど・・・
少しずつ分かるようになってきてレベルアップを感じる(といえど・・・低いレベルだけどね)。

今日の資料も、間違いを見つけることができた。
(III度房室ブロックのスライドに、2:1の房室ブロックがのってた)

以前であれば、まったくスルーするところだったのだが・・・気がついた自分にご褒美を与えたくなった(笑)!

そういえば
僕が鳥取の療養型のリハビリテーション病院から島根(松江市)の急性期病院に勤め始めたころの話。
やはり、急性期的なこと(ってなんだ?)の知識や常識を全く持ち合わせていなかった。

神経内科医が
「タキって・・・」

て、説明されるのを聞いて、「『タキる』って何ですか?」て尋ねたことがある。

神経内科医は「あぁ、心拍数が速くなって」と言い直された。

『タキる』
というのは、タキ・カルディア(Tachycardia)・・・つまり『頻拍が起こる』ということを言っておられたらしいのだ。

けども・・・
僕は、それが島根の方言かと思って(爆)、おばあさんにも「タキってますかね??」なんて尋ねてたりしてたよ(爆)!
(これがまた、おばあさんも「はい」とか適当に返事してくれるもんだから、気がつくのにナカナカ時間を要した)

そんな具合で(どんな具合だ?)
モニター心電図のパターンは少しずつ覚えてきた。
でも、やっぱり12誘導になるとさっぱし何が何だか・・・という状況だ!これはこれから学習!

次に何を勉強すればいいのか分かっているって楽だ。
基本的なことから勉強を始めているので、教科書にしたがって学習を進めている。

しばらくはそれだな。心電図に関しては。
(↑無意味に倒置法)

フォローしてね!

この記事へのコメント

コメントを残す