点滴

Pocket

長期入院のおばあさん。

病気の都合もあって、具合が悪くなったり良くなったりを繰り返しておられるが、やはり体力はどんどん低下している。

リハビリは僕が担当で、具合によって運動負荷のサジ加減を微妙に調整する必要がある。

動くことが嫌になることもあろうし、動きたくなるときもあるだろう・・・

詰め所で
看護師さんから声をかけられた。

「点滴を嫌がってしようとしないので、kazz先生からもするように言ってもらえませんか?kazz先生のことなら聞いてくれるかもしれないので・・・。」

おばあさん。点滴をいやがるの巻・・・だ。

看護師さんも苦戦しているようだった。

「なんで、嫌がられているんですか?」

という僕の質問に、看護師さんは

「さぁ?なんででしょう?」

と答えた。

病室に行き、いつも通り挨拶をして、おばあさんに聞いてみた。

「どうして点滴が嫌なんですか?」

おばあさんは目をバッテンにして、あからさまに嫌な顔をした。

「私ノ手ハネ・・・穴ダラケ、ナノ」

おばあさんの手は、長期入院での治療にともなって、点滴を何度も使用している。
血管は見えにくく、腕自体が点滴の痕でうまっていた。

辛いだろうな・・・

「そうですか・・・腕の点滴はやめて、今日は脚からとってみませんか?痛くないかどうか、できるかどうか看護師さんに聞いてみてあげましょうか?」

おばあさんは天井を見つめていた。

「無理にしなくてもいいけど、おばあさんに良くなってもらいたいからね。できそうだったらどう?僕、針を刺す間そばにいるから!」

「ホント?」

と聞き返されたので、「痛かったらやめようよ」ということで、了解された。

看護師さんには報告しといた↓
「腕が穴だらけだから点滴したくないそうです」

で、実は、脚の血管も見えにくくて、結局は点滴しなかったんだ・・・

けど、そんなのどうでもよかった。

だって
翌日より、おばあさんは

「点滴して」

って、自ら言って出たらしい。

まだまだ、治療は続くから辛いことが山ほどあるかもしれないけど、一緒にがんばっていきたい。

フォローしてね!

この記事へのコメント

  1. >cyamaさん
    一家に一台・・・一人僕がいたら、大変ですよ!

    かなり家が散らかっちゃいますから~(涙)!

コメントを残す