飲酒運転

Pocket

悲しいお知らせ。

島根県の理学療法士が飲酒運転で捕まった。

同地域の同職種(理学療法士)として辛い。

そして、複雑・・・

捕まった方は、主催する勉強会にも参加されてた方で、にわかに信じられない。

飲酒による沢山の残酷な事件が起こってもなお、飲酒運転検挙者は後を絶たない。

「気のゆるみ」などでは、決して方付けられない事だと思う。
僕自身、そして僕の周りの方にも、このようなことが起こらぬように気を張りたい。

そして、捕まった理学療法士さんも反省して罪を償って、復帰してもらいたい。

以下、コチラより転載
---------
飲酒運転:雲南総合病院、理学療法士を免職処分 /島根
 公立雲南総合病院(雲南市大東町)は31日、病院のスポーツ大会の慰労会で飲酒した後に車を運転したとして、男性理学療法士(34)を免職処分にしたと発表した。また、一緒に酒を飲んでいたのに管理・指導を怠ったなどとして次長(50)ら3人を1~3カ月の減給処分、検査技師(39)ら2人を戒告処分とした。いずれも同日付。
 同病院によると、理学療法士はスポーツ大会の慰労会として7月11日午後8時半から、市内の居酒屋で同僚ら計6人で焼酎のお湯割りやビール、ウイスキーなどを飲んだ。その後12日午前0時半ごろ、大会会場に止めてあった自家用車を運転。直後にパトカーと出くわし、そのまま逃走した。逃走現場を同僚2人が目撃しており、病院に連絡。その後午前5時ごろに本人が病院に連絡を入れ、警察へ出頭した。
 同病院の大塚昭雄院長は「医療者としてあってはならないこと。服務規律の確保に努めたい」とコメントしている。【細川貴代】
---------

フォローしてね!

この記事へのコメント

  1. Unknown
    ショック!でした。関係のない私なんですけど。KAZZさんや、ときたま、病院で見かける、心を込めて患者さんと向き合っていらっしゃる、療法士さん達の事を思い出して。この方も、そんな一人だったのではないかと思い、とても、残念な気持ちになったのです。彼の再起を、願っています。

  2. >cyamaさん
    こんにちは!
    ありがとうございます。

    いま、懲戒免職となった彼がどうなっているのか知りませんが、深く反省している事は間違いないと思います。
    僕個人としては、より身が引き締まった思いです。

コメントを残す