戦後

Pocket

久々だった・・・・

戦時中の話をされるおじいさん。

戦争経験者の患者さんだ。
難聴もあって、リハビリの訓練室に響き渡る大きな声で戦時中の話をされる。

とても、「武勇伝」とは言われないほどの辛い経験をされたのだと、思う。

戦争

この4月から新人さんたちが入ってきたが、
戦時中であれば、彼らの年で空を舞い戦艦に突っ込んだり、外国の密林で餓死したりしていたのだ。
もちろん敵を殺さなければならなかったし、仲間も沢山殺されたんだろう。

敗戦

戦後、アメリカによってフヌケにされた日本分化と人間がある。

激変する社会に翻弄されつつ、いまだ、戦場をさまよっている元日本兵がいる。

そういったことを全て土台にして、今の僕がいるんだと・・・そう思う。

敬意をもって接したい。

日本の行った戦争が過ちだとしたら、敬意が必要なんだ。
いま、僕らの愚行を正すには敬意が必要なんだ。

フォローしてね!

この記事へのコメント

  1. すごい
    このブログを読むたびにkazzさんは、患者さんに常に寄り添っていらっしゃるな~って感心させられます。
    この寄り添うって感覚がわからない治療家も多い中、素晴らしいことだと思います。
    自分もできているかどうか…^^;

  2. >むこさんさん
    いらっしゃいませ!
    &お褒めの言葉ありがとうございます!

    ほんとに・・・僕自身
    患者さんに寄り添えているか・・・て不安になります。

    多くの患者さんと接することを仕事としている以上、1人の患者さんが大勢の中の一症例にならないように、変な形で慣れてしまわないように・・・と不安になる時もあります。

    患者さんの「ありがとう」を裏切らないようにしたいと思っています!

コメントを残す