ボバース中国ブロック研修会

Pocket

今日から明日にかけて

■ボバース研究会中国ブロック研修会

講師:大槻利夫先生(諏訪赤十字病院)
会場:済生会境港総合病院

今回は鳥取県のボバースセラピストが企画だったので、僕はのんびり~!!

開始は昼からなので、家でぶらぶらしていた午前!

・・・と、思っていたら・・・

9時すぎに電話がかかってきた!

「アシスタントをお願いしたいのですが・・・」

とのこと・・・

あ~ん!
頼られるのってウレピー!

なんて、喜んでいる場合ではなくて、早速準備!
打ち合わせも有るから。早く出なければっ!

幸いな事に、汽車にのっていける!
今日は懇親会が有るから、車では絶対に行かないぞ~!!!!

会員(ボバース研究会)、非会員合わせて130名以上の受講者だったので、会場はいっぱいだった!

中国ブロック(鳥取/島根/広島/岡山/山口)のセラピストが集まった。
なかには、僕がアシスタントとして参加した講習会を出られている方もいて、声をかけてくれた!

■講義
最近のボバースコンセプトの動向についての講義。
いつもより(←?)、トラクト(神経回路)の話が多かったように感じたが・・・

■ワークショップ
受講生による患者さんの治療。
・・・ボバースのワークショップだけど、受講生はPNFセラピストであったことが、興味深いところかな!

■実技
ヒューマンムーブメントをベースに多様性を見る事が中心だった。

なんだか、あっという間の一日だった!

懇親会ではゆっくり飲めたし!

明日も頑張るぞー!

スポンサードサーチ

参考

KAZZ BLOG 「PNF」関連の記事
KAZZ BLOG「ボバース」関連の記事
KAZZ BLOG「リハビリ」関連の記事

フォローしてね!

コメントを残す