胸郭シリーズ Manipulation

Pocket

今日は済生会境港病院で研修会

■Manipulation
(マニピュレーションと読む)

詳しくは、マニュアルセラピー研究会(徒手理学療法研究所)
参考に。

講師はパリスのマニュアルセラピー認定を受けておられる光宗雅人先生(済生会松山病院)。

しかも、BobathアプローチにもPNFにも精通しておられ・・・実は・・・
06年のBobath上級講習(講師:メアリー・リンチ)で僕と同じく受講生参加されていたらしい(そのときは失礼ながら、知らなかったのだが・・・)。

今回の講義内容は胸郭の評価と治療

■解剖学・運動学復習
■胸椎の可動性検査・マニピュレーション
■肋骨の可動性検査・マニピュレーション
■頸椎の可動性検査・マニピュレーション

最近は、こういった徒手療法のアプローチについての講習会は参加していなかった。
身近で企画されていなかったら、なかなか出ていないと思う・・・
(必要性はあるのだが!)
なので、主催者に大感謝!

そして、先生の丁寧さに敬服!
質問に対しても丁寧に分かりやすく答えていただき、非常に勉強になった!

また引き続き勉強していきたいなと思った!

だ・か・ら!
また企画して(ウフッ)!
(↑他人任せすぎ?)

スポンサードサーチ

参考

マニュアルセラピー研究会
勉強会みなと
KAZZ BLOG 「PNF」関連の記事

フォローしてね!

コメントを残す