院内BLS講習会

Pocket

今日は17時過ぎから

■院内BLS講習会

に参加した!
BLS(Basic Life Support)とは心臓マッサージや人工呼吸などの一次救命処置のこと(らしいよ)。

院内全フロアにAED(自動体外式除細動器)が設置されることもあり、今後は全職員がAEDの使用方法を理解し習得していく必要があるとのこと。

めでたくも今日はその第一回!
受講生は20名。
おいらファーストチルドレンさ!

まぁ、そもそも、
人が目の前で倒れていたりしたらなんとかしたいよね・・・

医療人として・・・てのもあるし、病院に勤めている人の常識として知っておきたいよなぁ。

最近では、病院の医療職のみならず、事務職員までもすべてがBLSを習得している施設が多いみたい。

考えてみれば当然だよね。院内のスタッフが救命処置できるって。

でも、まだまだ現場に居合わせたらどうなるか・・・

もう何回か練習していざというときに備えたいな。

フォローしてね!

この記事へのコメント

  1. いざという時に!
    ウチの病院では、年3回BLSの講習会をやっていて、毎回40名程度のいろんな部門の職員が参加してくれています。
    インストラクターの私としては、みんな興味をもってくれて、とても嬉しく思っています
    最近は、いろんな場所でAEDを見つけますよね
    病院はもとより、駅構内や空港などの人のあつまる場所
    まずは、医療職の自分達が使えないとね
    昨年末、リハビリ中にCPA(心肺停止)になった患者さんがいて、かなり現場がパニック状態になったということがありました。いざという時は、いつ訪れるかわかりません
    kazzさん、ぜひ頑張って習得してくださいね

  2. >rink0さん
    こんにちは!
    おぉ~
    インストラクター様ぁ(笑)!

    ほんとに、インストラクターの看護師さんがかっこ良く見えましたよ!

    まだまだ、練習が必要に感じています(当然か・・・)。

    練習のときにでもパニック状態で、ほんとにいざというときに対応できるか・・・
    パニックにならないように、習得していきたいと思います!

  3. Unknown

    AED講習は一般的なもので、うちの小学生の息子を講習に連れていったらモデルの人形をみて

    「母ちゃん・これ、死んどるだ?」
    と言ったのを思い出しました。

    いざというとき、人助けしなくちゃね。

コメントを残す