治療

Pocket


恋をした・・・

先日、病院の図書館に行った。

エマージェンシー・ケア
(EMERGENCY CARE 2008 vol.21 no.1)

という救急医療チームの専門誌を読んだ。

今月号(08年1月)は「カレンダーでみる救急疾患」として、季節ものの疾患について、特集が組まれていた。
各疾患をわかりやすく理解するための企画だが!

やっぱりこんな時、まず最初に目を通すのが「脳卒中」!
これは夏によく見られる疾患として挙げられていた。

「脳卒中」の記事担当は、

■三上潤一郎(和歌山県立医科大学脳神経外科学内助教)
■上野雅巳(同 卒後臨床研修センター長)

内容は、いたって明瞭!
かなり基礎から「脳卒中」について解説してあるのでわかりやすい!
プレホスピタルでの対応や看護の対応なども非常に丁寧だ!

そして・・・

その記事中に見つけた項目に「脳卒中のリハビリ」というのがあった。

その文章は僕の目を縛り付けた!

書き出しに、こう書いてあったのだ!!

-----------
特に運動麻痺を生じていたり、言語障害を呈している患者にとってリハビリは非常に重要な「治療」である。
-----------

こういう、記事中にどうどうと

『リハビリは"治療"である』

と宣言してあるのは始めて見た!

セラピストの中では、意図的に「治療」という語を用いている方は多い。
僕もそうしているし・・・

だが・・・こういった、看護師向けの雑誌の中にセラピストの行為を「治療」だなんて・・・
ウレピー!

かなりやる気が湧いてくる!

そうなんだ!
「治療」しなきゃぁならんのんだっ!
僕らの行為は、「治療」であるべきなんだっ!

って、興奮したね!

この記事に・・・
恋をしたっ!

(きっと、あちこちで転用させていただきましゅる・・ダメ?)

フォローしてね!

コメントを残す