寝たきり患者さん

Pocket

以前,こういう言葉を聞いて理解できないことがあった.

「Aさん(←患者さん)は寝たきりなので,リハビリ休みでかまいません」

(゜Д゜ )ハァ?
ナニソレ

あるセラピストが休暇を取る際に,かわりのセラピストに患者さんをお願いする際の発言だ.

どうやら

寝たきり

一日程度リハビリ休みでも,さほど機能に変化は無いだろう

だから,この患者さんより他の患者さんをしっかりみてください.

とういう思考だったようだ・・・

「寝たきりなので,休みでかまわない」

はたして,本当にそうだろうか?

否!
(#゜Д゜)イナ!!

ぼくは違うと思う.

寝たきりと言うことは,重症度としてはより重たいのだ!
しかも,「いままで何回アプローチをしてもなかなか改善が得られにくかった」という証明ではないかっ!
実際にはより濃厚なアプローチが必要なのかもしれない!

もし,「今日のアプローチ」をしなくてもかまわないと思うのであれば,考えてほしい!

週のうち1日休みでも問題が無い・・・としたら
では
2日間休みにしたらどうか?
3日間休みにしてはどうか?
2日に1回だけだったらどうか?
まったく無かったらどうか?

今日一日のアプローチを棒に振ってもよい様なアプローチをしているのだったら,毎日休みにしてもいいのかもしれない!

僕は
自分のアプローチが1回分できないことを悔やむような,そんなセラピーをしたい!
今日一日(一回)のアプローチを大切に考えてアプローチにあたりたい!

自分のアプローチが患者さんの役に立っていると思えているのだったら,「休みでかまわない」という思考は起こらない筈だ!

(つづく)

フォローしてね!

この記事へのコメント

  1. Unknown
    もうね、何も言うことありません。
    kazzさん、いや、kazz様です。

    勉強になります。

  2. Unknown
    語弊があるが「寝たきり」の方こそ
    僕はやりがいを感じますよ。

    しっかりやることで
    必ず変化がおきる
    それが
    ADLにまでいたらなくても
    「笑った」「目をあけた」「言葉が出た」
    だけでも
    家族のQOLは高まると思っています
    もちろん
    本人も。。。
    これも語弊ですが
    「勝手に良くなる人」

    自分が良くしたと解釈し
    「仕事した!」
    みたいに
    感じてるセラピストのみなさん。。。
    間違っていることに
    気づいてくれ~!!

    無理だけど。。。苦笑

  3. >まいけるさん
    ありがとうございます!
    kazzさん→kazz様
    ヨン様みたいになりましたね(笑)!
    (あとは”王子”を付けるのが流行っていますね!)

    まいけるさんも将来,臨床につきますか?

    楽しいですよ!

  4. >Mですよさん
    より多くのの困難を持った方に対するアプローチと達成感や喜びは感じますよね

    さもすると,家族や患者さん本人,医療スタッフまでもが,「あきらめた」状態になる場合があります.
    以前,学校で先生が言われました.

    「プラトーで,誰がプラトーやん!担当がプラトーなだけやん」

    確かにっ
    (激しく賛同しました)

    たしかに,無謀なゴール設定をすることは問題になってしまいますが
    自分の能力不足を,患者さんの障害にせいにして「重度だからここまで」と決めつけている場面が多々あるように感じます
    あとは,「認知症だから・・・」という無意味な接頭語も疑問

    『「勝手に良くなる人」を自分が良くしたと解釈し「仕事した!」みたいに感じてる』

    コレも同感です
    コレに関しても,少し書こうかと思っていたところです(草稿中・・・)

    いつもいろいろコメントありがとうございます!
    そして・・・

    研修会お疲れさまでした

  5. >そげだ!
    だが!

    って,無記名ですが,あなたは米子出身ですね(笑)!

    賛同ありがとうございます
    (ん?「Mですよ」さんに「そげだ!」かな?)

    コレからもよろしくお願いします!
    またきてやってください

コメントを残す