HMC(鳥取)最終日

Pocket

ついに最終日!

今日の内容は

■デモンストレーション

昨日とは別のインストラクターが患者さんの治療を行なう.

昨日のデモンストレーションも良かったが今日もすばらしい!
開始時と,終了時の患者さんの姿勢(かまえ)が全く違うし,表情もかなりかわている.
アプローチ中も笑いの絶えない和やかな雰囲気ですすめられていたので,患者さんも身体を動かすことに入っていけたのではないかと思う.
ただ,その逆,インストラクターは患者さんの身体上のリスクにかなり気を使われていたらしい.基礎疾患がおありなので,運動療法にもかなりの配慮が必要となる.(さらにデモンストレーション場面といった,患者さんの緊張を伴う場面であるから,余計に)

そして,ヒューマン名物(と,とあるアシスタントがおっしゃっていた)

■プレゼンテーション

がある.受講生のグループ発表だ!
自分たちのグループから対象者(アプローチされる人),実施者(アプローチする人),発表者をきめてグループで他のセラピストたちに,自分たちの考え/アプローチを発表する.
結局はみんなでアプローチし,みんなで意見を言い合う形になる.
グループの良い形だ.

アシスタントはその誘導係を行なう.
考えが止まった時やハンドリング(介入)の進め方を誘導していくのだ.

みんなよく頑張った!
特に受講生は2日間で学んだことをフル動員しての発表となるので緊張すると思う.
それでも,受講生みんなの積極性はすばらしい!

アシスタントはアシスタントでインストラクターの前で誘導を行なうので緊張する.
かえって,アシスタントの方が縮みこまってしまっているようで申し訳ない・・・

講習会終了は13時40分だった.

終了後は,反省会
手厳しい意見を貰いつつも,今後の糧にしていきたいと思った.

講師・アシスタントたちを米子空港にお送りし,ひとまず終了の息をつく.

これからは,会計報告や受講生から頂いたアンケートの集約,今回の講習会で使用したデータの修正などなど事務仕事がまだ残っている.

とにかく,眠たい.
米子空港を離れてから.どっと睡魔と倦怠感が襲ってくる.

ひとまず休んで,それからエンジン全開だ!

スポンサードサーチ

参考

KAZZ BLOG「ボバース」関連の記事
KAZZ BLOG「リハビリ」関連の記事

フォローしてね!

コメントを残す