望郷

Pocket

僕は,4年間勤めていたリハビリ病院を辞めて,コチラの急性期病院へと移ってきた.

それから4年・・・

「慢性期」と「急性期」(←今はこう呼ばない)
年数的には同じキャリアになるなぁ・・・

前の職場を去って4年にもなるのだが,いまだに前職場から封書が送られてくる.

メール便で送られてくるのは
併設された老人保健施設の広報誌

■しびのさと便り

その広報誌「しびのさと便り」は,その施設(グループ)の雰囲気を十分に象徴した手作り感にあふれるものだ.

そこを離れてから4年間も経つが,僕の臨床の基礎を過ごしたその職場は,なんとも愛着がある・・・

「しびのさと便り」には,親しくしていただいた職員さんや,時には患者さんも登場している.

毎回,「しびのさと便り」が届くたびに,まず「写真」に目を通す.

「みんなどうしているかなぁ?」

なんて思いながら.

そして,記事に目を通しながら,いまでもこの「しびのさと便り」を送っていただいている事に,感謝する.

望郷 (異郷にあって故郷や祖国を思う気持ち)

離れなければえられない気持ちだ.

フォローしてね!

コメントを残す