肩関節の評価と治療

Pocket

今日は,米子で

■肩関節の評価と治療

というタイトルで講習会があった.
山陰運動療法研究会で主催したのだ.

講師:千葉慎一先生(昭和大学藤が丘リハビリテーション病院)
会場:YMCA米子医療福祉専門学校

この研修会は,去年に続き2回目.
受講生,特に新人の理学療法士/作業療法士から人気を得ている講習会だ.

昨日と今日にわたり,7時間の講習会として企画していた.
昨日については,僕は島根県の新人教育プログラムに出席していたので米子には来られなかったが・・・.

今回は,受講申し込みが殺到し当初予定していた受講生枠を大幅に上回った状態となった.

山陰運動療法研究会としては,より多くの方に受講していただきたく思い,アシスタントの先生に来ていただくことにして,受講生の枠を広げることとした.

■30名→50名

アシスタントの先生は,千葉先生と同じ昭和大学藤が丘リハビリテーション病院の嘉陽 拓(かよう たく)先生にご協力をいただけることとなった.

千葉先生の講義は,非常にわかり易い.
機能解剖,評価,治療,解釈について講義・実技していただき,実際に臨床に生かせるように成っているところが,受講生の好評の種なんだろうと思う.

僕は,準備等で,殆ど講義を受けていないが,これからビデオ学習となる.
(だいたい,いつもこのパターンかな・・・)

受講生からは,「また来年も」との開催の声もあったし,「股関節や体幹機能の評価と治療についても講習会を企画してほしい」との声もあった.

その方向で,研究会も動いている.

自分自身の技術・知識の向上もだが,山陰のセラピストのベースアップに成ればいいな.

フォローしてね!

この記事へのコメント

  1. ありがとうございます.
    この愚ブログ(?)を紹介いただきましたありがとうございます!
    頑張って更新しますね!

コメントを残す