エレベータの怪

Pocket

今回のご病気で、少し言語機能に問題の出てしまったおじいちゃんがいる。

手足はまぁまぁ問題ないレベルまで回復された。
ふらつきの原因は、入院生活による衰えか、年齢によるものか・・・

若い頃は、バリバリに働いておられた方で、今でもその威厳みたいなものがうかがえる。
厳しさではなくて、余裕のある優しさを醸し出しておられる。

今回のご病気について

『今まで元気だったのに、こんなことになるとは思いませんでした。』

そして、こう付け加えられる。

『病院なんて糖尿病と、胸の手術でしか来たことありませんよ』

もちろん、
すかさず付添いのご家族がツッコミを入れられる。『そんだけやれば十分でしょ』って。

リハビリの時間では、いつも歩いてリハビリ室に向かっている。

たまたま出会う他者に対しても気をつかわれ、笑顔で挨拶される。

エレベータ内でも同乗した方に軽く声を掛けられる。

そのおじいちゃん
褒め言葉のつもりだろうけども、若い女性にはこう言われる。

『それにしても最近の女性は、みんな身長が高いねぇ!いや、いいことですよ!』

声をかけられた女性も、たいがい笑顔で会釈される。
まぁ、こういう内容なので、苦笑いをされる場合もある。
身体的特徴についての述べるのは、ややデリケートな問題だ。

で、先日はちょっとした事件がおこった。

その日も、エレベータ内で女性に声をかけられたのだ。

いつものように・・・ではなく

『それにしても最近の女性は、みんな体重が大きいねぇ!いや、いいことですよ!』

(*^∇^*)
↑オジイチャン

悪気はない様子だが、おじいちゃんっ!
いつもは『身長』というところを『体重』と・・・

言い間違いなのか、本能なのか?

その女性
確かに”体重が大きい”方だったのだ。

『身長』にしてもデリケートな問題なのに、更にデリケートな内容になってしまっているぅぅぅ!!
ワァァ。゚(゚´Д`゚)゚。

苦笑い・・・では済まないのでは・・・
(おじいちゃん、殴られる?)

その女性に対して、このおじいちゃんの言語障害について説明するにしても、よけいに取り繕い的になってしまうだろう・・・

あわわわ

「いつもは身長って言っているところなんですが、言語の問題でぇぇぇΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)」

なんて、通じないだろう。

で、どうなったか?

チーン!

ちょうどいい具合にエレベータの扉が開いたので、笑顔のまま会釈して逃げることにした!
(※ちなみに、エレベータが各階に到着しても、チーンとはいわない)

はやく言語障害なおってほしい!

これからもドキドキだわ。

フォローしてね!

コメントを残す