高校同窓会

Pocket

ペルセウス流星群が空をかすめる今日は…

同窓会!

※冒頭の文、「ペルセウス流星群」という名前がかっこよかったので書きたかっただけ。

年に2回高校の同級生の集う会だ。

確か400人くらいの同窓生がいたはずだけども、いつも集まるのは10人くらい。

一応、進学校だったので、頭が良い人たちが集っている。

と、思いたいが、
年齢的にももう社会的な責任を持った人たちが集まるのは必然で、そう思えるのかも(笑)。

僕はちょいと用事があり、最終まではいられなかったのだけども、せっかくなので参加した。

『kazzくんは変わらないよねぇ』

って言われる。

身体はさておき、気持ちはあの頃(=高校生)のままだ

というと
齢40にして無理があると思われるかもしれないけども、本当にそう。

高校の頃に好きだった音楽は今でも好きだし、読書感は高校の時のままだ。

僕は記憶が悪く、高校の頃のエピソードや人物はよく覚えていない。

けども、空気感というのか、そういうものはあって、同窓会に参加すると、その頃の風のようなものが吹いてくる感じがする。

ペルセウス流星群

大量には見ることはできなかったけども

空にひとすじ

見ることができた。

高校の頃みた流れ星のこと
もう覚えていない。

誰とみただろうか?
いつみたのだろうか?

みていないのだろうか?

時の流れを感じる。

宇宙や空、星のことを考えると、時間の流れの不思議にとらわれる。

本当の幸いとは何だろう?

流れ星に願うことは何だろう?

スポンサードサーチ

参考

ペルセウス流星群
KAZZ BLOG「永訣の朝」関連の記事

フォローしてね!

コメントを残す