交番に届けた件

Pocket

今日は友人宅でのバーベキュー会
仕事を終えたあとは、いつもとは違う駅で下車

大山口駅

無人駅なのだけども、田舎のいい雰囲気が出ている。

ふと、改札付近の窓口(もちろん無人)
を見てみると

落し物?の財布を見つけた。

110番に電話したら、近くに交番があるからそこに届けるようにとのこと。

バーベキューには遅れるけども
まぁ、困っている人もいるだろうし、届けることにした。

交番に着いたら

のっそり出てこられた警察の方・・・

私服だがなっ!

『そこに座って』

と無表情で投げ捨てられるように言われて、ムカッときてしまった。
(-‘’-)

届けるだけで、なんだか手続きとかはしたくないんだけども、問答無用だった。
逃げることはできないらしい。

というか、もっと丁寧に接してもらいたい。

面倒くさそうな対応とかされると、こっちだって関わりたくなくなる。
必要な手続きなのだろうけど…。
そんな対応では、帰りたくなる。

財布の中身を全部出されて、僕が確認することになった。

なんだか、カードや趣味のものやら

見たくないけど、見ないといけないらしい。
落とし主がかわいそうだ。

そして、
持ち主不明の場合は、もらえる権利があるとのことだけども

その権利は放棄した!
今回は、ちゃんと権利を放棄することができたのだ!
(ちなみに、コチラの件も参照されたし)

持ち主はすぐ見つかるような内容の中身だったからな、必要ないだろう。

早く持ち主が見つかるといいな
・・・と思う反面、警官の対応に不満。

その警官の方にも少し文句を言っておいた。

・・・

役30分後に、その警官から電話がかかってきた。

持ち主が見つかったという内容だったけども
今度は丁寧な物言いで、少し安心した。

これからも地域で愛される警官として、頑張ってもらいたい。

もう、あんな対応するなよな!

スポンサードサーチ

参考

KAZZ BLOG「放棄しません」(2016年07月18日)

フォローしてね!

コメントを残す