認知症医療連携研修会

Pocket

今日は米子で認知症医療連携研修会に参加。

『認知症疾患別の症状、診断、治療、ケアのポイントについて』
(鳥取大学医学部付属病院 神経内科 和田健二先生)

認知症についてのわかりやすい説明と、最近の知見についての講義だった。

研究分野でわかってきていることもあれば、まだまだ謎な部分も多い様子。

そして、ケアの場面での進歩はまぁまぁ進んでいるとは言えない気がする。

認知症という名が広く認知されているのだけども、現場を眺めているとそれにふさわしい対応がなされているか、疑問に思わざるをえない。

プロとして、認知症の方に接する、毛を行うことってなかなかまだできていないだろうなぁとお思う。

でも、
認知症に対して何とかしようという社会的な萌芽は感じている。

近い未来に、もっと我々が有効な救いの手となれるようになることを願う。

なので、勉強し続けたいと思う。

フォローしてね!

コメントを残す