addiction

Pocket

クセになる味

ってあるよね。

年明けに、初めてアジア料理店(ネパール・タイ・インド・ベトナム料理店)『アガン』に連れて行ってもらって、そこのナン、というかカレーのスパイスに虜になってしまった。

てことで、今日も仕事を終えてから、職場の後輩を連れてナンを食べに行った。

職場の近くになるのだけども、駅までの経路からは少しズレている。
それでも足を延ばす甲斐のあるお店だ。

前回は、米子の支店に行ったのだけども、そこのスタッフがこちらに移動していて嬉しかった。

ネパール人なんだけども、英語でやり取りが可能。
と言っても、不思議な訛りで早口で喋られるし、僕の英語スピーキングレベルも低いので、スムースにはいかないのだけども。

お店に入った時に、ナマステーと挨拶をして、米子にいたスタッフだよね?と声かけたら、別のスタッフだった(≧皿≦〃)。

にていると思ったら、親類の方らしい。
兄弟以上に似ていてびっくりした。
似ているというのか、顔の区別がつかないだけだろうけど、多分、向こうも日本人の顔の区別はつきにくいのだろう(と勝手に想像する)

なにわともあれ、素敵な時間を過ごした。

多分、また行く!

スポンサードサーチ

参考

Kazz blog『アガン』関連の記事

フォローしてね!

コメントを残す