ゴーストを待つ夜

Pocket

みなさま、よいクリスマスを!
そして 『ティム坊が言った通り、「神よ、私たちをおめぐみください、みんな一人一人を!」』 (ディケンズ【クリスマス・カロル】より)

クリスマス・キャロル (新潮文庫)
クリエーター情報なし
新潮社

クリスマス・カロル(クリスマス・キャロル)は、ディケンズの作品で、毎年クリスマス前に読んでいる。

僕たちが何を大切にしていくのか、改めて考えさせられる。

与えることの大切さ。 自分以外の人に対しても、優しい目を向けること。

「クリスマス・カロル」という物語には そういうことが、厳しく暖かく描かれている。

今できること、今しかできないこと、大切だけど気がついていないこと、後からわかるものごとの大切さ。
世の中には、いろんな矛盾があることは承知している。 そこに飛び込むのに勇気がいることも知っている。
と同時に、そこに楽しさもあることを知っている。

このクリスマス・イヴのひと時でもいいから、そういったものに目を向けていきたい。

人生を洗い直すのによい行事だと思う。 みんな与えられるものはたくさん持っていると思う。

僕は医療職だから、医療技術を提供することもひとつ大切なことだともう。

クリスマスは、与え”られる”ために存在するんじゃない。
みんなが、与え合うことに感謝することができると思う。

今日はクリスマスイヴだからだろう、早く帰るスタッフも多かった。
家族で、あるいはおつきあいの人と素敵なひと時を過ごしたかもしれない。

そういうのもいい。

病床でクリスマスを過ごす患者さん
そこで昼夜を問わず働く看護師・医師

患者さんには、スペシャルな治療を
病棟には、ケーキを それぞれ僕なりに、深い感謝の念ではこんだ。

この場合、与え”られた”のは僕の方になるわけです。

そして
『ティム坊が言った通り、「神よ、私たちをおめぐみください、みんな一人一人を!」』
(ディケンズ【クリスマス・カロル】より)

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへにほんブログ村

スポンサードサーチ

参考

KAZZ BLOG「リハビリ」関連の記事
KAZZ BLOG「リハビリ」関連の記事

フォローしてね!

コメントを残す