immature

Pocket

職場へは、いつも始発列車に乗って出かけている。

無人駅、弓ヶ浜(ゆみがはま)

列車が来るまで、ベンチに座って待っている。
分厚い文庫本はミステリ。

そこへ、

『スミマセン』

中学生の集団(5~6人)が声をかけてきた。

これは…

まぎれもない…

オヤジ 借り 狩りっ!

ガクガク(((;゜Д゜)))ブルブル
ユルシテ....

…では
なかった。

中学生たちが声をかけてきた理由
それは

『千円落としませんでした?』

(ε=(^。^;A フゥ…
オヤジガリでない

どうやら、この無人駅の傍で千円札(3枚)を拾ったらしいのだ。

とりあえず、駅にいる僕に声をかけてみたらしい。

もちろん、ぼくは普段からそんな大金を持ち合わせていないので、『違う』と、返答しておいた。

彼らの話に聞き耳を立てていると、ネコババしたい気持ちをにじませながら、交番に届けることにしたらしい。

なんとも、平和なことか。

…そう

そして僕は、落し物大王の兄貴に確認メールをしてみた。
酔った兄貴はしばしば弓ヶ浜駅をフロついて帰路に着くからだ。

『弓ヶ浜駅付近で三千円落としてない?中学生が拾ったみたいだけど。』

兄の返信は…

『落としてないけど、俺のかもしれん。』

彼も昔は中学生だった。
…はず。

フォローしてね!

コメントを残す