墨攻

Pocket

酒見 賢一の小説『墨攻(ぼっこう/ぼくこう)』が文庫で出ていたのでを読んだ。

墨攻 (文春文庫)
クリエーター情報なし
文藝春秋

古代中国。2万の軍勢に攻められる小城を、墨子教団から来た一人の使者の卓越した防衛戦略で護る!

森 秀樹が描く同タイトルの漫画は読んでいたのだけども、こちら(酒見 賢一の小説)が原作なのね。
ちなみに、漫画の方は小学館から全11巻でてる。

墨攻 1 革離、梁城に入る (ビッグコミックス)
クリエーター情報なし
小学館

また、小学館文庫として、全8巻でてるけども、こちらはよく知らない。

墨攻 (1) (小学館文庫)
クリエーター情報なし
小学館

――――――――

さて、小説版を読んだって話だけども

小説版が出たのだとおもったら、原作が文春文庫版としてあらたに発刊されたものだった。
おかげで初めて原作に触れることができてよかった。

漫画のおかげで、状況のイメージができていたから読みやすかった。

ただ、物語としては漫画のものとは違い、こちらはこちらで深く考えさせられた。
特に結末から考えると、何がどこでどう作用するのか、戦略や策の奥深さを感じずにはいられない。

理想と現実の差異、平和の意味、短いながら濃厚で劇的なストーリーに惚れた。

また、漫画を読み返してみようかな。

フォローしてね!

コメントを残す