『渾身』

Pocket

映画『渾身 KON-SHIN』

昨夜のレイトショーでみてきた~!

予告編

2013年1月12日から全国ロードショーなんだけども、
鳥取・島根は1月5日から先行上映なのだっ!

てことで、僕は日吉津(ひえづ:米子市)のMOVIX日吉津に行ってきた!

原作は、川上 健一さんの小説。

渾身 (集英社文庫)
クリエーター情報なし
集英社

実は、これを読んでからの、レイトショー滑り込みとなった。

原作もよかった!
何よりもビックリしたのは、270ページ近くある小説のうち、その大半がクライマックス(?)の大一番に当てられている。
つまり、ほぼ全編クライマックスなのだ!

これが映画はどのように表現されるかなぁ・・・と思ったのだけども、やはり映画独特の表現でよかった!
そして、映像美!隠岐の島の美しさが描かれていた。

あと、小説と違うのが、方言の使用!
くどくなく、わざとらしくなく、きれいに使用してあったのですんなりみることが出来た!
あとあと、キャスティングやエキストラもよかったなぁ!

映画を見たら、より隠岐の島が愛おしくなった!

ところで、小説の中で登場する「渾身」の文字は意外なところにあるんだよ!

僕は小説→映画の順だったけども
映画と小説、どちらが先でも、両方楽しめると思う。

全国のみなさんも、鳥取・島根のみなさんも、ぜひど~ぞ!

スポンサードサーチ

参考

『渾身 KON-SHIN』公式サイト
『渾身 KON-SHIN』公式Facabook
『渾身 KON-SHIN』公式twitter

フォローしてね!

コメントを残す