MD

Pocket

迷走する僕の心を潤すのは
もらった「MD」や「カセットテープ」だったりする。

ライブの音源やスタジオでの音源が入っているのだけど・・・

僕にとってMD/カセットテープの「よさ」はアクセスしにくさにある。

iPodは非常に便利で、もちろんいつでも携帯しているんだけど。
アクセスしやすい分、僕の都合が優先してしまう。

MD/カセットテープは、プレーヤーが少し壊れていたり、カセットを探す手間があって、扱いにくい。

そもそも、自分自身がMDを使って録音することはないので、僕の持っているMDはほとんど、借りたり、もらったりしたものだ。

贈り物

そのぶん、気合いを入れて聴くことになる。

宝箱を開ける感じで音源を聴くことになる。

遠くに離れているぶん、その愛おしさを感じる。
手の届かないものにアクセスする気持ち。

今日の通勤列車のカバンには、MDプレーヤを入れてきた。

電池が無くって・・・
途中までしか聴くことができなかったんだけど。

それでも、MDを眺めながら、ある程度満足してしまえる。

音楽を聴く媒体(メディア)というだけではなくて
そういう、モノとしての価値もあるんだな。

フォローしてね!

コメントを残す