千円

Pocket


先日、特に何ということなかったのだが、後輩君と一杯ということで

松江大橋付近の「Bar E.A.D」という店に向かった・・・。

調査不足というか・・・おもいっきり「CLOSED」。

んで、また、店を考え直すのも大変なので近くの居酒屋へと向かった。

■よろづ

店の前の看板に本日の半額メニューとか書いてあって、お手頃っぽかった。

僕は久々に梅酒を飲んで、あとはチョビチョビと腹を満たした。
帰ってからの仕事を抱えていたし、眠たくなるほど飲んではいけなかったから。

んで、会計。

僕は奥のレジの表示を見て後輩君に伝えた。

「5260円らしいよ」

そしたら、後輩君ビックリ!
「え~あり得ない。あんだけしか食べてないのにっ!」

という、会話をしていたら、お店のバイト君(?)が金額を伝えにきた。

『5260円です』

やっぱりね。
僕は福沢諭吉を出してしまったのだが、後輩君は納得いかない様子。

・・・たしかに、冷静に考えると、そんなに食べていない感じがした。飲んだのもお互い一杯だったし。メニューも半額メニューとか選んだし・・・

ということで
バイト君にお願いした。

「ごめんよ。ちょっとおかしいので伝票見せてくれる?」

ちょっとドギマギしたバイト君・・・奥から伝票を持ってきた。

そしたら・・・
「4260円」
のあたまの「4」の部分が訂正して「5」に書き換えられている!

あやすぃ~!!

で、各メニューの計算を携帯電話でし直してみたら・・・

みごとに

4260円

これって、計算ミスなのかい?
ちなみに、1千円ちょうどずれるような注文(の組み合わせ)も見当たらない。

後から考えてみても怪しい行動があった。

後輩君に聞いた話
■バイト君が伝票を持ってきた時、合計金額の部分を親指で隠していた(笑)!
(↑あからさま?)

■やり取りの途中で、カウンターで料理をしている店長らしき人が
「計算し直しましょうか?」
と言ってきた。
なんで、計算のし直しが必要と分かる?

■僕が計算をしている途中にも関わらず、バイト君は差額の1千円をすでに持ってきていた。
(なんで、伝票を持っている僕より早く差額を算出できるのさ!)

僕に悪意はない(つもりだ)けども・・・

ど~も、あやしいのよね・・・


 っ
  た
 く
  り

じゃぁないかって!

しかも、謝罪もないのよ~!

いや・・・あったんだけども
「ど~も、すんませんでした~!ありがとうございました~!」
だよ?

オイオイオイオイオイ!

もう、この店には行かね~!

行ったとしても、確実に携帯で計算してから「おあいそ」する!!
(↑結局、行くんかいっ!!)

フォローしてね!

コメントを残す