クリスマス・キャロル

Pocket


今日は休暇を利用して協会に

■聖劇(せいげき)

を見に行くことになった.

協会の運営する幼稚園児(年長さん)が協会でクリスマスの劇をするのだ.

今日演じられたのは

クリスマスにまつわる話と言うことで

■イエスの誕生

神は6日で世界を想像された.
環境も人も.

しかし,アダムとイヴは神の約束を破り知恵の実を食してしまう.
神は人間が知恵を手に入れたことにより,争うことを始め滅びていくことを憂う.

神は婚前のマリアに大天使ガブリエルを使わし,マリアには神の子が宿ることを告げる.
有名な

■受胎告知(ジュタイコクチ)

の場面である.

マリアと旦那ヨゼフは,ベツレヘムへ旅をしていた.
旅の途中,マリアは産気づいてしまった.

どこにも泊まる宿が無く,仕方なく馬小屋で出産することとなる.

■イエス・キリスト

の誕生である.

羊飼い,博士が天使たちに導かれイエス誕生の祝福に来る.

そういった物語だ.

毎年,クリスマス前には
ディケンズの

クリスマス・キャロル

を読むようにしている.

反省と感謝のために.

そろそろ時期だな・・・

Benedictus qui venit in nomine Domini(ほむべきかな 主の名によりて来るもの)!

スポンサードサーチ

参考

amazon「クリスマス・カロル」

フォローしてね!

コメントを残す