ふんばれ、がんばれ

Pocket

まさか、書店の漫画コーナーでこの言葉に遭遇するとは思わなんだ。

ギランバレー

臨床の場でも、理学療法士としてこの疾患に触れる機会はある。

そのギランバレー症候群(しかも重度)の体験記が漫画に描かれている。

著者は新米看護師さんの時にこの病気を患い、現在はイラストレータ、漫画家として活動されている。

その壮絶な体験記について赤裸々に描かれたのが本書

ふんばれ、がんばれ、ギランバレー!

ふんばれ、がんばれ、ギランバレー! (モーニングコミックス)
クリエーター情報なし
講談社

コミカルなタッチではあるけども、臨床家としても非常に良い学びとなった。

ただの苦悩のみならず、作者が病気から得られたものも深く描かれている。

一般論として学ぶのではなくて、一人の体験者の話に耳をかたむけるということができる。
それも、元看護師であるから、現場の様子はより詳細に描かれている。

絵も素晴らしい。
特に、各章の扉絵を眺めることも一つの楽しみだ。

絵単体の素晴らしさもあるけども、毎度「そうきたかっ!」とくすぐられる!

医療者に対しては、医学書や論文もオススメだけども、こう言った体験記もオススメだ。

フォローしてね!

コメントを残す