太陽

Pocket

研修会を終えて、本屋まで歩いていた。

いつもだったら、まだ職場にいる時間だ。

研修会がある日は返って早めに職場を離れるので、夜が長く感じる。

研修会会場から本屋は少し距離があったけども、久々の町を歩くことにした。
町といっても、わずかに近代化された寺町で、むしろ古風を感じる道取りだった。

そこを抜けて大通りに出ると、信号に久々に出会った気がする。
もはや車の量も少なく、やや大げさに信号が切り替わっているようにも思える。

目的地までもう100メートルほどだっただろうか。

道の向こう、4車線分の距離に変な光景が見えた。

2人の人影。
一人は地に伏していて、しばらくすると四つ這いを始めた。

もう一人は立ったままそれを見ている。

どうも緊急事態ではなさそうだ。

が、その四つ這いの人を残したまま、もう一人は消えてしまった。

そこは歩道に面したラーメン店の駐車場で、消えてしまった人は、店の中に消えてしまったのだ。

この時点で、やはり緊急事態なのではないかと感じた。

具合を悪くして倒れた一人。
もう一人は助けを呼びに店の中に舞い戻った・・・という状況なのではないか?

ことは4車線の車道の向こうで起こっている。

が、車の流れがなかったので走って、向こうに渡ってみることにした。
何ができるのか分からないけども、野次馬以上には役に立つと思う。

----------------

たどり着くと、四つ這いの人は、這っていた。おばちゃんだ。
コンタクトを落とした人が床を探してまわる仕草をされている。

「どうされましたか?」声をかけたが、返事はない。
大きめの吐息をはきながらあたふたしている、おばちゃん。

もしかして、耳が聞こえないのだろうか?
そして、目も見えないのだろうか?

が、僕の足下に、眼鏡を見つけた。
フレームの一つなくなった眼鏡。

それを探しているのだろうと思い、おばちゃんに手渡すと、片側フレームのまま耳にかけて「すみません、すみません」と繰り返される。

おばちゃんは背が低いので僕を見上げながら
早口で説明をされた。

興奮しているのか、順序はバラバラだったが、要約すると

『昨日から続く兄弟(姉妹?)喧嘩で、いま顔を殴られ、眼鏡が壊れてしまった。』

ということらしい。

僕に感謝されたが
迷惑ついでに、電話を貸してもらいたい、と要望された。

貸してあげたかったが、新手の詐欺の可能性も考えて、お店でかりましょうと言った。

すると、
『では、ここで出てくるのをまっていてもらえませんか?ウチはすぐそこなので主人を呼んできますから!』

意味が分からないが、このおばちゃんのご主人をよんでくるまで、兄弟がラーメン店から出て来ないか見ておいてくれということらしい。「妹」と言ったかもしれないが、言わなかったかもしれない。

もし出てきた場合にはどうすればいいというのだ?

『大きな声で叫んでください。』

と言ったまま、おばちゃんは走って行ってしまった。

しかし、見たってどんな人か分からない。
まぁ、おじちゃんかおばちゃんだろう。

仕方ないから、ラーメン店の入り口と、おばちゃんが去っていった方を見比べながら待つことにした。
ラーメン店の出入り口はガラスなので奥がよく見える。
しかし、模様が貼られているのと、二重扉になっているので、しっかりと見ることはできない。
そもそも、しっかりと覗けないためにこんな構造になっているのだろうか・・・

などと、考えていると

ラーメン店の入り口の奥から黒い影がみえた。

こちらへ、つまり外へ向かってきている・・・

叫ぶのか?

叫ばないのか?

どうすればいいのだ。

扉から出てきたのは、若い女性だった。しかも2人。
どう考えても、おばちゃんを殴った人には思えない。

2人で、喧嘩のことを話しておられた。
言葉の端から推察するに、おばちゃんはラーメン店の中で喧嘩を始めたようだ。

外に出てから殴られたなんてのは、店内の人には分かるまい・・・。

僕の後方から家族連れがやってきた。

「並んでる・・・いっぱいかなぁ」
と声が聞こえる。

僕が店に並ぶ客に見えたのだろうか。
そんなに人気のあるラーメン店とは思えないのだが。

そうこうしているうちに、先ほどのおばちゃんがこられた。

後ろにご主人さんを連れて。
作業着だったろうか、そんなような格好で、頭は七三分けの大人しそうなおじいさんだった。

2人して、どうもすみませんとお辞儀された。

おばちゃんはもう一度、昨夜からの顛末を、僕を見上げながら話したあと、店内をながめた。

この夫婦とも店に入る様子はない。

おそらく出て来られるのを待つのであろう。

僕はそこで、失礼することにした。
流れから、僕の任務は終わったように思われたからだ。

つまり、店からそれらしき人が出てきたら叫ぶという任務だ。

また、4車線を渡る途中、後ろを振り返ったら、まだ、夫婦は立ちすくんでいる。
何か話をしているのだろうか、それとも無言でおられるのだろうか?

太陽がニコニコ笑ったような店のマークが、滑稽に思えた。

フォローしてね!

この記事へのコメント

  1. >Unknownさん
    コメントありがとうございます!
    こんな経験あまりない方が良いのですが・・・

コメントを残す