チェ 28歳の革命

Pocket


映画を見に行った。

■チェ 28歳の革命

チェ・ゲバラの映画だ。
(以降、ちょいネタばれのため注意!)

チェ・ゲバラがカストロと出会い、キューバ革命を戦い勝利するまでの物語だ。

この映画は2部作品になっていて、part.2の方は今月末からロードショー。
(part.2「チェ 39歳最後の手紙」は、キューバ革命後からチェ・ゲバラの死までの物語だ)

映画の内容のほとんどがゲリラ戦で、その合間合間に革命後のゲバラのインタビュー映像や国連議会映像が割り込んでくるという構成。

グランマ号に乗ってキューバに向かう場面はほとんど描かれていなかったのが残念。

ただ、エッセンスがギュッと入っているので、予備知識があれば納得できる映画だと思う。

僕個人的には
『チェ・ゲバラの革命に対する思い』『妥協の無い男』『フィデル・カストロへの信頼会』というところが、よく描写されていたと感じた。

多分、
チェ・ゲバラについて、何も知識が無い方は物語がほとんど分からないと思うので、予習や前知識がが必要だと思う。

独裁者バチスタによっておさめられていた小国キューバはアメリカにいいように(カジノ場、売春宿、農地として)利用されていた。てか植民地動揺に搾取されていた。
当時(今もかな?)、キューバでは貧富の差が激しく、ほとんどの国民達が苦しんでいた。
フィデル・カストロは打倒バチスタをもくろみ、一度革命を起こしたものの失敗。国外追放される。
ゲバラはそんなフィデル・カストロにメキシコで出会い、革命に賛同する。
(チェ・ゲバラはアルゼンチン人でありながら、キューバの革命に参加することとなる)
※ちなみに今回の映画「チェ 28歳の革命」はこの、カストロとゲバラの出会いからスタートする。
少人数で挑んだゲリラ戦は苦難だったが、政府に不満を持つ国民から次第に支持を得るようになり、
仲間を増やしていく。
そして、バチスタは国外へ亡命。カストロ達は奇跡のキューバ革命を成し遂げる。
(ゲバラとしては、革命は戦闘に勝った後がスタートだと言い切る。これからどう国を治めるかが革命だという意味だと思う。)

そうそう
チェ・ゲバラは医師なのだけど、なんで、医師が(カストロに賛同して)ゲリラ戦に参加するようになったのか・・・
それは、医学生の頃、南米をバイクで旅をし、貧困/差別などに出会ったことが強く影響していると思われる。
この医学生の頃の旅行体験は日記に書かれ、「モーターサイクル・ダイアリーズ」という本におさめられている。
映画化もされているので、「チェ」をみる前にでも機会があったら観てみたら、より親近感がわくかも!

フォローしてね!

この記事へのコメント

  1. 気になる~
    いいないいな

    私も見たいデス
    ただ
    エグい映像は
    ちと苦手やから
    DVD、待とう
    と、思ってました

    劇場いくべし?
    でしょうか?

    モーターサイクルダイアリーズは
    主演の ガエル君が 好きでそのイメージ強いから
    こっちも ガエル君で いってほしかったのが本音ではありました
    ガエルくんがやってる チェ ゲバラ って映画もあるはずで
    これも 見てみたいんやけど、発見できてません
    なんか、似てる気がする
    実物もカッコイイし

    なんしか
    時代の革命児って
    ひかれてしまいますね

    でも
    モーター~
    みるまでは
    全然しらなかったです
    昔から
    有名やったんかな?

    あの映画に出て来る
    マチュピチュは
    いつかいってみたい場所の一つです

  2. re:気になる~ (そら)
    ネタバレしちゃってすみません!
    m(_ _)m

    ゲバラファンにとってはおすすめです!

    が・・・知らない人にとっては、ずっと戦闘場面が続きますので辛いかも。
    大きな音で「ビクッガクガク(((;゜Д゜)))ブルブル」となりますよ!

    あと、前知識が無ければ、時折入るインタビューや国連総会の言葉、映像の意味がさっぱり分からないかもしれません。

    という、僕もしっかりと分かっているわけではないので、映画を見てから、パンフレットや本、ネットで復習中です!

    パンフレット読んで、「なるほど~!」と思ったので、映画観る前に読んでしまった方が良いかも!

    エンターテイメント映画ではなくて、ドキュメンタリーな感じです。

    それだけ臨場感がありますし、ゲバラとともに進んでいる感じにもなれます!

    この映画は二部作です。

    監督のインタビューにもありますが、「モーターサイクル・ダイアリーズ」とあわせて、3部作といった感じになります!

    マチュピチュ
    世界最高峰の城塞都市でしたっけ?
    そういえば、チラリと出ていましたね!

    寒そ~
    (↑あ、僕の文化レベル低い?)

  3. わかりやすい
    す~ごいわかりやすい
    その音表現

    すみません
    きいときながら
    、、、
    やっぱ
    DVD
    首をなが~くして
    待つことにしま~す~

    映画館のド迫力で
    見るのは~ちと怖い、、
    しかも
    ドキュメンタリタッチだったら余計に怖いなぁ

    ゲバラさんは
    かくゆう私も
    よく知らんのです
    でも
    めちゃめちゃ
    興味あります

    モーター~
    では
    たくさん葛藤して
    当時のハンセン病の
    偏見に
    立ち向かう医師のタマゴだったはずのゲバラが
    結局
    医師としてでなく
    革命家を選び
    今もなお
    そこまで
    みんなをひきつけるのか??

    モーター~だけじゃ
    消化不良です

    多分
    今の時代だから
    余計にって
    部分も
    あるんでしょうねぇ

    勉強してからみます
    DVD、、?!

    マチュピチュ遺跡は
    天空都市
    そうゆうイメージ
    私持ってるんですけど
    なんか、
    感じるんかなぁって

    って
    マチュピチュいく余裕あれば
    別なとこ いくであろう私、、、

  4. re:わかりやすい (そら)
    その後、復習を重ねてこの映画の余韻を味わっています!

    また、「モーターサイクル・ダイアリーズ」を観てみようかと思っています。

    ゲバラの話ってホントおもしろいですから、また他の映画とかもみてみようかな~!

コメントを残す