お姫様

Pocket

「すご~い!」
「かっこい~!」

今日から'09年仕事始め!

早々に看護師さんから黄色い声が飛んできた。
縁起がいい!

さて、
なぜ黄色い声が飛んできたかというと・・・

僕の
 甘いマスク 
 鍛え上げられた肉体美 
 崇高なギターテクニック 

・・・トランスファー(移動)介助についてだ。

生活の全般に介助が必要な患者さんがおられる。
身体は固くて、立ったり歩いたりも、寝返りも、意思伝達もできないおじいさんだ。

ベッドから車椅子への移動にはもちろん介助が必要になる。

そのおじいさんとリハビリ室から病室に帰ると、体重計がおいてあった。

体重計と言っても、普段見かける機会の多いヘルスメータとは違って、ストレッチャータイプの体重計だ。
これだと患者さんも寝たままで体重を図ることができる。

さて、
おじいさんとともに部屋にはいると、そのストレッチャータイプの体重計がおいてあったので、看護師さんを呼んで

「体重はかるの?」

と聞いたら、急いでもう一人の看護師さんを引き連れてやってきた。

どうやらこのおじいさんの移動に2人がかりで介助にあたろうとしていたらしい。

ちなみに、理学療法の時間は一人で介助しているわけだから、一人でもできなくはない。

てか、この場に僕がいるわけで、2人の看護師さんの力を使わずとも僕が介助すればよいだけだ・・・

・・・と思って、
僕が介助して車椅子からストレッチャー体重計におじいさんの移動を行った。

こんなちょっとした手伝いでも看護師さんは喜ばれる。

「ありがとうございます~!」

んで、
おじいさんはストレッチャーの上で寝ているだけで体重が量れる。

「54kgです!」

と看護師さんがメータ(といってもデジタルだが)を読み上げた。

さて、帰り・・・

ストレッチャー

車椅子

ベッド

と移らなければならない。

「54kgだったら大丈夫かな・・・」

と思って、『お姫様だっこ』(←正式名称あるのだろうか?)で移ることにした。

これだと、

ストレッチャー

ベッド

で、おじいさんの負担も少ないかな。

「全介助」といって、患者さんの力はほぼ使わない状況での介助になる。
(この状況の場合、患者さん本人でも努力する「部分介助」ではなくて「全介助」がよいと判断した)
『お姫様だっこ』も、状況によっては十分有用な介助方法だと思う。

・・・んで、
看護師さん達2人は、この『お姫様だっこ』にびっくりされたらしい!

「すご~い!」
「かっこい~!」

・・・そういえば、こんな介助方法は普段みることが無いかな・・・

この介助方法は身体の釣り合い(=バランス)さえとれていれば、案外に楽なのである。
力もいらない。

僕は体重が56kg(んでもって身長が170cmなので『やせすぎ』タイプ)なのだが、まったく大丈夫だ!

でも、普段しない人や、見かけない人にとっては「力持ち」とかに見えるかもしれない!

あるいは・・・

「すご~い!」
「かっこい~!」

とノセられただけ?

まぁいいや、気分が良かった!
もちろん、おじいさんも苦痛無く安全に移動することできたしねっ!

年始早々、ハッピーな感じだ!

フォローしてね!

この記事へのコメント

  1. Unknown

    およよ?
    デザインが変わったらコメントのところも変わったんですね。
    ハッピーよかったですね!必要にされるってとってもいいことだと思います。

    今年もよろしくお願いします(*- -)(*_ _)ペコリ

  2. >まいけるさん
    クリスマス付近より立て続けにデザイン変えてます!
    またちょくちょく変わるでしょう・・・

    まいけるさんのハッピーも願っています!
    今年もよろしくお願いします!

コメントを残す