サクラ

Pocket

病院の長い渡り廊下の外のサクラも、少しずつ花を咲かせている。
満開になり、患者さんたちを喜ばす時も近かろう。

夕方近く・・・
整形外科に入院しているおばあさんの所に向かった。

狭い6人部屋ながらも、整形外科ならではの「口は元気」なオバさまたちがにぎやかに迎えてくれた。

一人寂しそうにしているのは、僕が担当している太ったおばあさん。

認知症もあるのだが、それ以上に活動性が乏しいことが気になるおばあさん。
このおばあさんは、整形外科的な部分も、その他の病気も患っておられて、より不活発な状態だ。

天井を見つめて動かない。
寂しくなると(いつも寂しいのだろうが)、お父さんを呼ぶらしい。

なので、僕が病室に入ると、まわりのオバさんたちが

「よかったねぇ、先生いらしたよ!待ってたでしょぅ?」

といって、おばあさんを励ましてくれるのだ。

おばあさんも、僕を見ると、まんまるな目で笑顔を作り

「いらっ・・・しゃい」

とゆっくりゆっくり言ってくれる。

治療を終えた後に、部屋のベッドに帰り、

「また、明日も来るからね!」

って声かけをすると、まゆ毛を「ハ」の字にして

「また、あとできてね・・・おとうさん来ないの・・・」

と言われる。

この、丸い顔と、ゆっくりとした話し方でこう言われると・・・

ほっとけないね(笑)!

「じゃぁ、また(あと)来るから待っててね」

って約束した。
周りのオバ様たちも、コントロールされている僕をみて笑っておられた。

で、夕食が終わったあたりに、また行くと

「いらっ・・・しゃい」

とまた、満面の笑顔。

「いい笑顔だよね~!」

て言うと、

「わたしね・・・あなたが来ると・・・笑顔になるの・・・ほんとよ」

だってさ!

嬉しいね~!

サクラが咲いたら、このおばあさんを連れ出してさ・・・写真でも撮ってあげたいな。

おとうさん来るかな?

フォローしてね!

コメントを残す