心外パス会議

Pocket

今日は17時から心臓血管外科のパス会議。

9月25日のパス大会に、我々のパスチームが発表することになっている。

その内容検討の会議だった。

心臓血管外科・・・弁膜症のパス作成から本格始動までの道のりは長かった・・・

が、
今日9月1日付けでパス使用が認められ、これからがスタートなんだ!!
(まだ、一例目はないが)

僕はリハスタッフ(理学療法士)の代表として参加させていただいたが、僕の参加以前にも、いろんなドラマがあったとのこと・・・

・・・特に看護部門は。

ICU(集中治療室)と一般病棟の壁や、治療管理上の問題、役割分担、基準作成・・・まさに、語り尽くせいないほどの困難があったらしい。

嬉しいのは、そういう山を乗り越えて来ているところだ!
このエネルギーはすごい!

リハビリスタッフも、これをきっかけに大きな意識改革ができたと思う。
現状をいえば課題が山積みなのだが、その課題に気づいただけでも大きな飛躍だと思う!

んで、パス会議終了後は、理学療法士チームの5人で会議。

心臓血管外科のリハスタッフの介入を深めるためにも、勉強会のセッティングをした!

病態の理解や、データの見方、画像の見方、臨床上の判断を深めるための勉強会をしようと言うことになっている。

まぁ、ぶっちゃけ勉強会それ自体と同等に、5人が顔を合わせる時間を持つことが多いに意味があることだと思う。

共通見解持ちたいしね!

そっから、技術を深め広げたい!

がんばるぞ~!!!

フォローしてね!

コメントを残す