介助方法指導

Pocket

今日は,仕事(患者さんのセラピー)を終えて17時半・・・

神経内科の看護師さん達に

■移乗動作(介助)方法の指導

をした.

「やりかたを教える」

のではなくて,

「みんなで練習をしてみて,体の動かし方を体験してみる」

というのが,僕流

ただのやり方の提示だけだと,臨床場面で実際にやってもらえずに,結局,

「いつもの方法」

になってしまうのが,不安なのだ.

-----------

17時半からの開始で,終わりは19時過ぎ・・・
もっと遅くなるかと思っていたが,案外早く終わった.

といっても,看護師さんに依頼された時間は

「1時間」

ということだった.

毎回,延長するのは分かったことなので,

「予定のある人は途中で帰ってもらってもOK」

としている.

それでも,大体は残っていてくれたので,うれしかった.

-----------

介助技術に対する僕の基本的考えは

「楽して介助する」

だ.

介助者が楽に介助を行なえる(た)ということは,介助を受ける患者さんも楽であったという事だと思っている.
無理のない姿勢や運動方向で介助が行なえたという事だと思う.

その結果として,「楽に介助を行なえた」をいう感覚が生まれる

・・・と,そう思っている.

-----------

技術を伝えるのは難しいが,考えて介助を行なう「きっかけ」になれば良いと思っている.
あと,セラピスト達と看護師さん達とのコミュニケーションの「きっかけ」になるとよいと思う.
「患者さんの個別性」と「介助するスタッフの個別性」がどうしても生じてしまうので,やはり,ケースバイケースで鍛錬していくしかないと思う.

「悩んだら,その都度セラピスト(理学療法士)に声をかけて下さいね」

と念を押しておいた.

-----------

終わった後,

「今回来られない人もいて,もったいないので,また企画したい」

と企画者の看護師さんに言われた.

うれしい言葉だ!
よい反応だったのだろうと,(勝手に)解釈している.

それに,やればやるほど,お互いに上達していくと思うし...
また次回が楽しみだ!

今日は打ち上げに・・・

■赤ベコ?

↑久しく行っていないヨウ

行ってみようかな!
ヽ(o´∀`o)ノ

一人打ち上げ・・・
(-_-)

フォローしてね!

この記事へのコメント

  1. Unknown

    昨日はありがとうございました!
    いつも指導されてることだと思うけど、やっぱ人に伝えるって難しいので、さすがだなと思いました。
    流れも、方法も、すごく分かりやすかったと思います。
    今日5東の看護師さんに、『昨日の方法でやってみました!すごく楽でした!』って言われて、あたしも嬉しかったです☆

  2. 追記:一人打ち上げ
    一人打ち上げは,

    ■赤ベコ

    一人でチビチビ飲んでいたら,寂しさを察したのか,店長がサービス!!を施してくれた.

    涙が出るよ・・・

    サービスのお品は

    ■ハマチしょうがボイル焼き

    ■サーモンの巻物

    ありがとー!!!

    しばらく離れていた「あかべこ」

    また行くよぅ(涙)!

  3. >リハ子さん
    こちらこそ参加&感想ありがとう!

    昨日の一人打ち上げで気がついたのだけど(笑),

    やはり言い忘れた事や,補足をしておけば良かったことなど,いろいろあった...次回,はそれらを忘れずにしたいな...

    それにしても

    病棟で役に立っていたのは嬉しい!

    それをリハ子さんが聞いて嬉しがっているのが嬉しい!

    ウレションが出そうだっ!

    また次やる時は,さらに良い方法を目指したいと思います!

コメントを残す